ノートパソコンかデスクトップパソコンのどちらを購入すべきか?

外でも使えるようにノートパソコンが良いのだけれど、デスクトップパソコンの方が家では快適だし、外での使用は我慢するか、あるいは他にそれぞれメリットがあったりするのか?などと迷っている人へのアドバイス。

携帯性のノートパソコン、快適性のデスクトップパソコン

言うまでもないがノートパソコン購入の最大の理由が携帯性である。

家ではソファーや食卓などの好きな場所でパソコンを使う事ができ、Wifiを用いると家中インターネットでアクセスすることもできる。

または外にパソコンを持ち出して図書館やカフェで仕事の資料作成を行う事もできるし、実家に帰省するタイミングでも重宝する。

一方でデスクトップパソコンは快適性でノートパソコンを上回る

キーボードとマウスが本体と分離されているため自分が好きな場所に調整して使う事ができ、キーボード自体もノートパソコンに比べると大きいサイズになっており、更に打ちやすいように斜めに傾いているキーボードも多い。

ノートパソコンの小さな平らなキーボードで長時間作業しているとどうしても窮屈な姿勢を取らざるを得なくなり肩が凝る。さらに画面も小さいので少ない画面表示領域に何を表示させるべきかで悩む。

FullHDなどの高解像度のディスプレイを搭載すると画面領域が広がり、一度に多くのものを表示することができる。しかし小さすぎる文字を目を凝らしつつ読まなければならずつらいこともある。

よっていつも同じ場所で作業を行える状態にある人だとデスクトップパソコンの方が快適性で優れており、外でも使う必要がある場合や、家の中でデスクを置いていない場合であるとノートパソコンが良いと言える。

小さなデスクだけでも家における場合、モニターと本体が一体型、テレビ機能付きなどを検討しても良いだろう。

予算に余裕があるならば普段はデスクトップパソコンを用いて、外で作業をしたい時はノートパソコンで作業をし、データはUSBで簡単に共有できる。GoogleDriveやDropBoxなどでクラウド共有を行っても良い。

管理人が大学時代に一番最初に購入したパソコンは、下宿で場所がなかったためにモニターと本体の一体型のパソコン(オールインワンパソコン)であった。

最初はそれで満足していたのだが、家の中でレポートを書くよりも大学の図書館に行き作業するのも悪くはないと思い、たまに使用する目的でノートPCを購入。ここでのノートPCはそこまで利用頻度は多くないためAtomという低スペックのパソコンを当時は保有していた。

次はその他考慮すべき利点を整理してみる。

携帯性以外のノートパソコンの利点

電気代が安い

ノートパソコンは低消費電力になるように設計されたCPUを搭載しているため、あまり電力が掛からない。一つの目安として、一日8時間程度インターネットやワード等普通にパソコンを使う人は月300円程度ノートパソコンの方が安くなります。デスクトップが月500円、ノートが月200円位だと思って貰えれば良い。

収納が容易

使わなくなった場合には本棚にでも収納しておけば邪魔にならない。デスクトップパソコンは物理的に大きい上に配線も面倒なため場所をずらすにしても、しまうにしても大変である。

売りやすい

不要になった折には中古として売りに出す事もできるが、持ち込みが容易なため処分が比較的簡単に行える。もちろんデスクトップPCも売ることができるが、出張買取となると値段がつかない場合も多い。

快適性以外のデスクトップパソコンの利点

パフォーマンスが高い

省電力設計がなされているモバイルPCに比べ、デスクトップのPCはサクサク動くことが多い。筐体が大きく、冷却性能にも優れているため熱くなりCPU性能が低下してファーという音がする事も少ない。

拡張性が高い

筐体の大きさにもよるが、拡張性が高く、メモリの増設やグラフィックボードの付け替え、ハードディスクの増設などが行えることがデスクトップの魅力である。

キーボードが気に入らなければそこだけ買う事もできるが、ノートだとセットになっているためそういう訳にも行かない。

高度なゲームをしたくなった時、デスクトップパソコンならばグラフィックボードを買い増して取り付ければ良い。最初から全てを揃えておかなくても順次対応できる事がデスクトップパソコンの魅力の一つである。

ただし、パソコン本体のサイズや構造によってどこまで拡張できるかが決まってくるためそこは注意しなければならない。タワー型と呼ばれる大きめの筐体ならば基本何でも拡張が可能だ。

買い替えコストが安い

拡張性の高さと関係するが、モニターと本体が分離されているため、パソコンの買い替えでモニターを新たに購入する必要がない。その分だけ安く新しいものを購入できる。

修理代が安い

デスクトップパソコンは分解が簡単であるため、修理の手間が少なくて良い。筐体も大きく部品ごとがあまり入り組んでおらず部品交換の作業も容易である。

また液晶が破損した場合、デスクトップだとモニターだけ買ってきて自分で取り替えれば良いのに対し、ノートだと修理に出して交換してもらう必要がある。

トップページヘ行きパソコン購入の推薦を受ける