ウイルス対策ソフト(ウイルスバスター)は必要か?

シマンティックのノートンアンチウイルスやトレンドマイクロのウイルスバスター クラウドなど数千円で有償のウイルス対策ソフトが販売されているが、これらを購入すべきかどうかを考えていく。

ネットショッピングをする人は入れておいた方が無難

ウイルス対策ソフトは、ただ感染してしまったウイルスを駆除するだけが本職ではなく、最近は被害額が大きいパスワードが盗まれる手口に関して被害に会わないように力を入れていると感じる。よってインターネットに口座を持っている人、及びクレジットカードを利用してネットショッピングを楽しんでいる人はウイルス対策をしておいた方が無難である。ここではパスワードが如何にして盗まれるのかとその対策、及びウイルス対策ソフトの働きについて説明していく。

フィッシング詐欺、キーロガーに対して効果を発揮

パスワードが盗まれる手口は複数考えられる。まずはフィッシング詐欺である。フィッシング詐欺とは本物のサイトとよく似た偽のサイトを表示させてIDとパスワードの入力を促すものである。実際に管理人が経験したケースでは、セキュリティ強化のため銀行のサイトにログインして新たに暗証番号を設定してくださいという趣旨のメールが送られてきて、メールのリンクをクリックしたところ三井住友銀行のホーム画面によく似たページに飛ばされた。これがフィッシングサイトとなっており、迂闊にIDとパスワードを入力するとログイン情報が騙し取られるところであった。サイトのURLも本物に似せてあるため、フィッシング詐欺事態は認知していても寝ぼけていると危ない時がある。あるいは、知名度のないWebサイトで会員登録すれば続きの記事がみられますなどと宣伝しておき、誤ってIDとパスワードを入力したところ盗まれてしまうという事はあり得る。 フィッシング詐欺以外にも危険はある。キーロガーはその代表である。キーロガーはパソコン上で入力したものをこっそりと仕掛けた人に対して送信する機能であり、当然入力したパスワードも送信されてしまう。どういう経路でこのキーロガーが仕掛けられるのか?何かパソコンでフリーのソフトウェアをダウンロードして試してみる時があるが、その時に同時にスパイウェアという一種のウイルスも同時にダウンロードされる事がある。特に人気の低い怪しげなソフトウェア、アダルト系アプリなどをインストールしようとするとスパイウェアが混入する可能性が高い。スパイウェアにはパソコン起動時にポップアップで広告を出すものや、あWebサイトへ一定時間後に自動で誘導するものなど様々なものがあるが、その中にキーロガーも含まれる。 ウイルス対策ソフトはフィッシング詐欺のサイトを検知して警告する機能や、キーの監視など不穏な動きを行うソフトウェアが起動していないかを監視する役割を果たすためパスワードが盗まれる可能性を低く抑えてくれる。怪しいソフトはダウンロードせず人気の高い安心そうなソフトウェアだけをダウンロードし、またフィッシング詐欺に引っかからない自信があるのならば特にウイルス対策ソフトは入れる必要がないだろう。 IDとパスワードが盗まれる可能性はまだあり、ネットカフェなどの公共施設で会員サイトにログインし、次の人がたまたまパスワードを見つけてしまう可能性もあるし、簡単な単語や誕生日をパスワードの一部にしている場合、総当たり攻撃といい手当たり次第ログイン情報を入力してパスワードを見つけだす方法で見つかってしまう可能性もある。この場合はウイルス対策ソフトでは対処できないが、シマンティックのウイルス対策ソフトには保険も同時についてくるものがあり、万が一クレジットカードの不正利用をされてしまった折りには一定額を保証してくれる。

電子メール経由のウイルス感染を防ぐ

他にありがちなウイルス感染経路としては電子メールがある、例えば友達に偽ったメールが写真添付ファイルとともに送られてきて、その写真ファイルを開けようとしたところウイルスに感染するというものである。この場合、キーロガーのような機能が仕掛けられることもあるが、その他にもハードディスクの内容を消去してしまったり、電話帳をウイルスプログラムにスキャンされて他の友人にもウイルス付きのメールを送ってしまうなどの可能性がある。中にはただ、不注意だから今度からは用心しようねなどと表示してくれる親切ウイルスもあるが、ともあれコンピュータプログラムで可能な事は何であれ実行されてしまう可能性がある。ウイルス対策ソフトを入れておくと添付ファイルを開ける時などに警告してくれるのでうっかりと間違ってファイルを開けてしまうという事がない。

子供に不適切なサイトを見せたくない場合にも重宝

ウイルスバスターで重宝する機能のもう一つがペアレンタルコントロールの機能だ、これはアダルトサイトなどの子供にとって有害であるサイトを遮断することができる機能である。アダルトサイトや、怪しげなゲームサイトなどはウイルスの温床になっており、下手に閲覧してファイルをダウンロード何かしてしまうと高い確率でウイルスに感染する。特に子供は何をしでかすか分からないので対処しておいた方がよいだろう。

無料ウイルス対策ソフトはどうか

無料のウイルス対策ソフトもあるが、どうだろうか?基本的なウイルスの除去は可能なもののフィッシングやメール詐欺の対策が不十分であったり、サポート体制が整っていなかったりとやや片手落ちな印象を受ける。また無料ウイルスソフトも有料版へのアップグレードの広告が入ったりと時たまうっとうしく思うことも多い。何も入れていないよりは良いのでひとまずは入れておくのは良いと思う。avast!は無料のウイルスソフトの中では優秀なのでお勧めである。

まとめ

まとめるとネットショッピングを行ってID/Passwordがばれるかつ、この記事を読んで引っかかりそうだなと感じた人はウイルス対策ソフトで脅威を防いでおいた方が無難である。ただし、パソコンを購入して最初の3か月程度はウイルス対策ソフトが無料で付属する場合も多く、その場合は慌てて購入する必要もないであろう。またペアレンタルコントロールも便利な機能であるので人によっては必要で、今すぐ購入を決められない人は一先ず無料のウイルス対策ソフトを入れておこう。ウイルススキャン及び、ウイルス駆除は行ってくれるので万が一感染してしまった時でも対応が可能だ。

トップページヘ行きパソコン購入の推薦を受ける