※当サイトはアフィリエイト広告を使用しています。

中古パソコンの選び方2024 おすすめのスペックや狙い目の機種

中古パソコンの選び方

中古パソコン市場において独特なのは需給の不均衡により、特定の機種のみ非常に安く売られていることである。まずは中古特有の市場について、すなわちどのような機種がお買い得なのかを頭に入れよう。

その上で、お買い得商品の中からどのようなスペックを選ぶかを中古特有の失敗しやすいポイント(CPUやOS、オフィス製品等)に留意しつつ決めていけば、価格的にも品質的にも納得できる買い物ができるだろう。

なお、基本的なパソコンの選び方や用語は解説しないのでトップページなどを読んで学習してほしい。それでは解説を始める。

この記事の目次
  1. 型落ち法人用PCが最もお得
    1. おすすめのメーカーは何か?
    2. スペックは4、5年前ハイスペックPCがおすすめ
  2. 中古パソコンのスペック選びの実際
    1. CPUはベンチマーク結果とその目安を活用
    2. WindowsはCore iの第8世代以上ならば11にアップグレードが可能
    3. サポート期限切れOSを使い続けて問題はないか?
    4. メモリは8GBとSSDは256GB、HDDは避ける
    5. Microsoft Officeは初期搭載すべきではない
    6. バッテリー残存量を推定する
  3. 中古パソコンのおすすめショップ
    1. 1位:Qualit - ビジネスクオリティの中古パソコン
    2. 2位:OraOrA - 圧巻の品揃えで欲しい商品が必ず見つかる
    3. 3位:PC WRAP - 業界最長3年保証を誇る中古PCの老舗
    4. その他購入に関する関連情報

型落ち法人用PCが最もお得

まずは中古パソコン市場について正しく理解したい。下記の表はとあるパソコンの、4年前に新品で売られていた時の価格と4年後の中古での価格、値下がり率を表にしたものである。

4年後の値下がり率には機種により非常に大きな差があることが分かるだろうか?

機種新品時価格4年後中古価格割引率
ゲーミング(PC工房)20800016980018%
MacBook Air1148007280036%
個人向け(Dell)1300005780055%
法人向けノート(HP)1518003630076%

これは単なる一例にすぎず、例外もあるだろうが、おおよそ次のようなことが言える。

まずゲーミングPCは単価が高く、中古で購入しようとする層が多いことから中古パソコン需要が供給を大幅に上回り、中古での購入にあまりメリットがない。

次にMacBookはiPhoneと同様の話になるが、ブランド力が高く、中古でもよいので欲しいという層が大量にいることため、これまた需要と供給のバランスが悪い。逆に最終的に売ろうと考えて新品Macbookを購入するのは正しい選択である。

次に個人向けPC。例はDellの一体型モデルの価格である。一体型は基本的には家庭で純粋に楽しむためのエンターテイメントモデルであり、法人向けには採用されない。純粋に個人の売り手と買い手ということで需給が均衡し、個人向けモデルの価格は4年で半額程度になる。

最後に法人向けノートである。法人向けのPCは減価償却を終えた4年後程度のパソコンを業者が大量に回収して売りに出すため最も供給が多くなるが、一方で個人需要は一定である。このため法人向けPCの型落ち版は供給過多となり70%を超える割引率となるのである。

ちなみに法人向けであれ個人向けであれ、中古パソコンはOSのクリーンインストールがなされ、Windowsの基本ソフトだけの状態となって出荷されるため、中古パソコンには法人も個人も存在しない

よって市場面から言える結論としては、法人向けPCを中心にパソコンを探せということになる。具体的にどこから探せば良いかは本記事最後の中古パソコンのおすすめショップで説明する。

おすすめのメーカーは何か?

上記の話により、メーカーとしては法人向けとして多く出回っているメーカーがコスパが高くなりおすすめである。

具体的には海外メーカーならばLenovoDellHPの3社、日本メーカーならば富士通東芝パナソニック(Let's Note)VaioNECである。

個人的には、新品では30万円近くして手が届かないようなLet's NoteやVaioパソコンの型落ちが7割引き程度で買えるのが非常に嬉しいポイントである。

スペックは4、5年前ハイスペックPCがおすすめ

パソコンの減価償却は4年である。すなわち企業として一括で購入するPCとして、経費の観点や性能の観点も含めて4年で買い替えを行う企業が多い。

私が勤めている会社でも、新品から4年が経過すれば新しいパソコンに乗り換えてもよいルールとなっている。

すなわち需給面では4~5年程度経過したハイスペックな法人PCが中古市場には大量に出回っていることになり、これを3~6万円程度で購入するのが狙いどころではないかと思われる。

バッテリーの観点でも4~5年前であるならあ概ね8割程度は残っていると考えて良い。

デスクトップの場合はバッテリーは不要であり、スペックもパワフルなので6~7年程度経過していても十分に通用するだろう。

中古パソコンのスペック選びの実際

おおよそ狙い目の機種は理解していただけたと思うが、中古パソコンの具体的なスペックの選び方を次からは解説したい。

特に種類が多く性能の判別が難しいCPU、サポート期間を意識しなければならないOS、中古であるのに新品と同様の価格のOffice製品は特に注意が必要である。

CPUはベンチマーク結果とその目安を活用

CPUはパソコンの処理速度の根幹をなす重要なパーツであり、性能が低いと処理に時間が掛かったり、ローディング画面が出続けるなど悪影響が大きいため、慎重に選びたい。

パソコン用のCPUメーカーは主にIntelとAMD2社のみであり、IntelはCore iシリーズ、AMDはRyzenシリーズを展開している。

Core iシリーズはラインナップが上位のものからCore i9/i7/i5/i3、RyzenもRyzen 9/7/5/3と分かれナンバリングされているが、それ以外にも設計の新しさを表す世代の違いなどにより1000を超えるCPUが誕生している

性能差も大きく、たとえば単にCore i5といっても、10年前のCore i5と最新のCore i5では雲泥の差があるため、特に中古パソコン選びでは各CPUの性能を正しく把握する必要がある。

そこでおすすめなのが、PassMarkというCPUの総合性能を指数化したベンチマークテストの結果を利用することである。

スコアの目安とチェックツール(PASSMARK SEARCH)を下に用意しているので、中古パソコンのスペック表などからCPUの型番情報を抜き出して性能をチェックして欲しい。2000点以下のカスなCPU搭載の中古パソコンは選ばないように気を付けたい。

PassMark(M)の目安
  • 40000 - ・・・ゲームのパフォーマンスに異常にこだわる変態、プロフェッショナルなクリエイティブ用途
  • 20000 - 40000・・・ゲームで高いFPSを目指す時、クリエイティブ用途で特定処理の高速化を実現したい場合
  • 12500 - 20000・・・複数アプリでのハードなPC作業も余裕でこなせ速い。高度な3Dゲームを快適にしたい場合
  • 8000 - 12500・・・日常的なPC使いでは余裕のパフォーマンス、簡単な動画編集や軽いゲームも快適にこなせる
  • 5500 - 8000・・・日常的なPC使いで遅いとは思わないレベル。テレワークでは最低これぐらいは欲しい
  • 3000 - 5500・・・体感的な引っかかりが気になるレベル。裏でウイルススキャンとか走ると辛い
  • 2000 - 3000・・・動画やブラウザでの引っかかりが多く、イライラさせられる。遅い
  • ~2000・・・敢えて言おう、カスであると
  • ※ゲームはGPU搭載が前提です。
    PASSMARK SEARCH

    より詳しくは下記のCPU比較表でも確認できる。

    CPU性能比較表
    400を超えるCPUから高機能フィルタにより世代間/ベンチマーク/TDP/コスパ等の絞りこみが行えます。

    WindowsはCore iの第8世代以上ならば11にアップグレードが可能

    Windows 11へのUpdate用件として、セキュリティやスペック上の制約を公式に設けており、それによるとCore iシリーズは第8世代以上、Ryzenシリーズならば型番が2000以上である。

    例えばCore i5 8250UというCPUなら第8世代である。8000より番号が大きいか、1360P(13世代)など一周回って小さくなり、最初の2文字が10台だと10世代以上である。

    ちなみに第8世代未満のCPUも動作上問題ないとしてWindows 11のパソコンを売りに出している中古パソコンもある。ただ、基本的にはサポート対象外なのでおすすめはしない

    サポート期限切れOSを使い続けて問題はないか?

    Windows 10はサポート期間が2025年末頃に終了するため、Updateできるパソコンを購入すると良いが、実質的な観点ではOSのサポート期間が切れたからといって直ちにセキュリティが脆弱になるわけではない。

    むしろ市場で10年近く鍛えられたOSはセキュリティ的には強固であるので、個人で使う上ではサポート期間終了後少なくとも3年は問題はない

    これについては下記の記事で詳しく解説しているので興味のある方は確認してほしい。

    中古パソコンの危険性は?セキュリティリスクとその対策
    中古パソコンに特有のセキュリティリスクを取り上げ、ウイルス対策やOSの選び方、購入場所のおすすめなど幅広く解説。

    メモリは8GBとSSDは256GB、HDDは避ける

    高度な3Dゲームや、4Kでの映像編集などを行なわないならば、基本的にメモリは8GBあれば良いだろう。4GBだとWebサイトの閲覧でも苦しい時があるので中古であっても8GBは確保したい。

    またストレージはHDDではなく起動速度や故障率の観点から特にSSDをおすすめしたい。また容量は256GB程度あると安心材料である。詳しくは下記を参考にしてほしい。

    【256GB,512GB,1TB】SSDの容量のおすすめは何か?
    ストレージの容量を決めかねている場合に参考になる情報を網羅

    Microsoft Officeは初期搭載すべきではない

    大学などに行くと20年以上使っているようなパソコンを多く見るが、用途が非常に限られるため問題がないだけであり、一般的に性能面を考慮したときに寿命は10年程度である。

    当然中古だと残存寿命が新品と比べ短くなるわけだが、プリインストールされたオフィス製品(OEM版)はそのパソコンにしか使えないため、寿命が短い中古パソコンに対してOEM版のマイクロソフトオフィスを入れることは割りに合わない

    そこでおすすめなのはオンラインコード版のオフィスである。

    OEM板オンラインコード版パッケージ版Microsoft365
    適用範囲1台限り2台まで2台まで無制限
    料金25000円程度35000円程度40000円程度月額1000円程度
    備考購入時のパソコン以外では使用できないライセンスの他パソコンへの移行が可能ライセンスの他パソコンへの移行が可能Skype月60分、クラウドストレージ1TBが無料で付随

    オンラインコード版は2台のパソコンにインストールできる上、ライセンスの他パソコンへの移行も可能なため、実質同時に2台まで永久に使えることになる。

    故障確率を考えると断然こちらを購入すべきである。また、物理的なDVDが欲しい場合はパッケージ版もあるが、数千円高くなるのでオンラインコード版がおすすめである。

    なお、そもそもマイクロソフトオフィスが必要か?という疑問については下記の記事を参考にして欲しい。

    オフィスソフトは必要か?
    搭載するか否か、互換ソフトやOffice365等で悩んでいる人へ情報をまとめています。

    バッテリー残存量を推定する

    バッテリー残量は非常に判断するのが難しいので、ある程度は運任せとなる。

    バッテリーが長持ちするようにフル充電は避けていたわり充電を行っていたかなど使用状態に対しては知る由がないため、判断材料としては経過年数と使用感のみである。

    自動車の電池保証によると凡そ8年間でMAXの70%程度が保証範囲となっているので中古パソコンもその程度と見積ろう。

    見た目が判別できる写真が掲載されている場合は、特にキーボードのテカリがない状態をおすすめしたい。

    テカリがあるのはタイピングが力強いか、使い込んでいるかのどちらかであるが、力強い場合はキーが効かなく確率が増すし、使い込んでいたらバッテリーの劣化が心配である。

    逆に小さな傷などは本当に見た目だけのケースが多いので、傷やスレのためにB級品扱いされているようなパソコンはお買い得であるといえる。

    バッテリー残量を確認など残量を計測して保証してくれている中古パソコンショップもあるのでぜひ活用したい。

    中古パソコンのおすすめショップ

    最後に、購入場所についてだが、品質と価格、セキュリティリスク等を総合して考えると優良な中古パソコンショップで購入することがおすすめである。

    特に下記の3社は法人向けのPCを独自のルートで多く保有しており、高い価格競争力も備える。まずはこの3社から検討してみると効率が良いだろう。

    1位:Qualit - ビジネスクオリティの中古パソコン

    まず最もおすすめしたいサイトがこのQualitである。他の中古パソコンと比べ圧倒的なコストパフォーマンスと品質を誇る。

    横河レンタ・リースという法人向けとして有名なパソコンのレンタルサービスがあり、私が勤めている会社でも利用しているのだが、レンタル期限を終えて返却されたパソコンを再整備して売りに出しているのである。

    安値で仕入れ、高値で売るという多くの中古パソコンショップとはビジネススキームで一線を画しており、これが圧倒的な価格競争力を実現している。

    更に会社として法人向けの厳しいビジネス要求に応えられるようバッテリーチェックを含め高いレベルの点検・整備を行なっているので品質面で非の打ちどころは無い。

    法人用にレンタルで使われているという事実は、個人で無理な使われ方をしたパソコンが来ないという点でも安心材料である。

    2位:OraOrA - 圧巻の品揃えで欲しい商品が必ず見つかる

    株式会社ティーズフューチャーという法人向けの産業廃棄物処理を手がける会社が行なっているショップで実店舗を秋葉原にも構える。

    データ消去に定評があり、主に企業や官公庁、教育機関などから出る使用済みのPCを回収し、再販可能なものは販売するというビジネスモデルを取っており、実店舗での買取は行なっていない。

    取引量が業界トップクラスであり、オペレーションが効率されている事で格安価格を実現している他、中古のWindows PCも常時1000点程度は販売している点が魅力であり、欲しい商品が必ず見つかることだろう。

    3位:PC WRAP - 業界最長3年保証を誇る中古PCの老舗

    東証一部上場の急成長IT企業であるShiftのグループ会社である株式会社エスエヌシーが運営するパソコンショップで、大阪を主な拠点とする。

    中古PC販売20年以上の老舗であり、年間6万台程度パソコンを再生するためOraOrAに次ぐトップクラスの取引量を誇る。

    取引量と効率的な検品のオペレーションからくるコストパフォーマンスに加え、3年保証、当日発送など購入者にとっての安心材料も豊富である。

    その他購入に関する関連情報

    どこで購入するかについては下記の記事で詳しく述べているの気が向けば参考にしてほしい。

    中古パソコンを買うならどこがおすすめかのココだけの話
    中古パソコンを買うならどこがおすすめかを品質と価格の観点から解説します。

    また、本ページで良い中古パソコンが見つからなかい場合はより多くの店舗を紹介している下記も参考にしてほしい。

    中古パソコンおすすめショップランキング
    中古パソコンのおすすめショップをランキング形式で紹介。品質とコスパを両立させた優良ショップを厳選します。

    トップページヘ行きパソコン購入の推薦を受ける

    関連記事
    直販店人気ランキング
    • マウスコンピューター
    • デル
    • パソコン工房
    • Lenovo
    • 富士通
    • NEC
    • HP
    • 東芝
    • マイクロソフト
    この記事の目次
    1. 型落ち法人用PCが最もお得
      1. おすすめのメーカーは何か?
      2. スペックは4、5年前ハイスペックPCがおすすめ
    2. 中古パソコンのスペック選びの実際
      1. CPUはベンチマーク結果とその目安を活用
      2. WindowsはCore iの第8世代以上ならば11にアップグレードが可能
      3. サポート期限切れOSを使い続けて問題はないか?
      4. メモリは8GBとSSDは256GB、HDDは避ける
      5. Microsoft Officeは初期搭載すべきではない
      6. バッテリー残存量を推定する
    3. 中古パソコンのおすすめショップ
      1. 1位:Qualit - ビジネスクオリティの中古パソコン
      2. 2位:OraOrA - 圧巻の品揃えで欲しい商品が必ず見つかる
      3. 3位:PC WRAP - 業界最長3年保証を誇る中古PCの老舗
      4. その他購入に関する関連情報
    Topic
    Ranking
    Top