テレビパソコンってどう?

メインのテレビとしてではなくサブでおすすめ

パソコンにテレビが付いていると、レコーダーの機能(ハードディスクに番組を保存、ブルーレイ対応機種ならばブルーレイに焼く機能)がついてきて、一台でテレビ、レコーダー、インターネットの3機能を担えるので非常にお得である。おもしろい番組をネットで見つけると、そのまますぐに録画できるため操作の流れもスムーズで無駄がない。またテレビは表示の大きさはWindowのサイズを変更する要領で自由に変更できるため、他の作業をしながらテレビを見るといった方法も可能である。テレビの機能をパソコンにつけるには、地上デジタルチューナーが搭載されていれば問題ない。ただ次に説明するように、画質がいまいちでゲームをするときの応答性が悪い(一体型パソコンの場合)ため、一人暮らしでスペースがない、あるいはテレビを殆ど見ない人以外はサブとして使用するのが良い。

ネットワークに繋ぐと楽しさが倍増

インターネットに繋がっていると、外出先からスマートフォンでパソコンの録画予約ができたり、撮りためた番組や動画をタブレットPCやテレビなど再生できるなど便利である。パソコンの録画番組をスマホに持ち出すといったこともできる。外出先からのスマートフォンの予約は、パソコンの電源が切れていても予約時間が来ると自動的に電源をOnにして予約を開始してくれる機能がパソコンによってはついているなど便利である。ただ、大抵のパソコンの場合にできない事が録画した動画をネットワーク越しに見るという事、例を挙げればパソコンで録画をして、それをインターネットを経由してスマートフォンで見る事ができないという事である。そもそも録画した番組はパソコン内にあるのだから、仮に出来たとしても常時パソコンを付けっぱなしにしておく必要があり中々につらい。パソコンで録画した番組を他の場所でネットワーク経由で楽しみたい場合にはDTCP-IP対応NASというものを購入すると良い。テレビパソコンは購入せずにソニーのnasneを購入して録画専用機として用い、パソコンやスマホから視聴するのも一つの手である。
DTCP-IPとは著作権で保護されたコンテンツであるCS/BS/地デジの放送をネットワークを介して見るための技術規格で、これに対応していない場合はテレビ番組をネットワーク越しに試聴することはできない。この規格の有無には注意しよう。

画質はテレビには劣るがまずまず

パソコンは汎用機器であり、テレビを綺麗にする事だけに最適化されているのではない。具体的にはパソコンモニタは文字を読むために最適化されているものが多く、映像を楽しむために最適化されているわけではない。また画質を向上させるための回路がテレビやパソコンには組まれているのだが、パソコンの場合は人がテレビを見る以外の作業も行うため、テレビと違い、回路を組む上で画質の向上のみを考慮すれば良いわけではない。したがって画質はやや落ちる。ただ普通に見る分には全く問題がないし、高度なグラフィックアクセラレータを積んでいるブルーレイもかなり 滑らかに再生できる。4倍速(テレビ動きを滑らかにする液晶の技術)などテレビ特有の機能を求めようとすると流石に厳しいが。

すぐ見る機能

パソコンでテレビを見るときにネックになることが、パソコンを立ち上げなければテレビを見られない事である。普段パソコンをつけている人であれば問題はないが、普段立ち上げない人はちょっとTVを見るときに障害となってしまう。これに対する対応策として近年のパソコンでは5秒ほどでテレビが着く機能が備えられており、NEC富士通などのメーカーのデスクトップパソコンが多く対応している。

まとめ

  • 録画機能がつき、またパソコンでの操作となるので番組の選局、録画番組探しなども快適に行える。
  • ネットワーク経由での録画、録画コンテンツを他のデバイスで再生できるなど機能が豊富
  • 画質はややテレビには劣るがそれほど気にするレベルではない。
  • テレビがすぐに付く機能がサポートされているパソコンもある。

トップページヘ行きパソコン購入の推薦を受ける