SSDの選び方

SSDとは?

パソコンをどれを買おうか悩んでいるとハードディスクの替わりにSSDというものを使っているパソコンがある。これは一体何なのか?SSDとはSolid State Driveの略称で、記憶媒体としてフラッシュメモリを用いるドライブ装置である。 主にハードディスクに取って代わるものとして開発された。ハードディスクと比べたときの利点、欠点は以下の通りである。

利点
1.ハードディスクと比べて高速である
2.ハードディスクと比べて故障しにくい
3.ハードディスクと比べて消費電力が小さい
4.ハードディスクと比べて騒音が小さい(ガリガリと音を立てない)

欠点
1.値段が高く大容量には向かない

このような利点・欠点があるため主にネットブックに使用されている感はある。ネットブックは他のデスクトップパソコンなどと比べて、落とす可能性があり故障が心配、また消費電力を気にしなければならない、へビーユーザ向けではなくそれほど大容量の記憶領域を必要としないという特徴があるためである。個人的には予算があれば、特にノートパソコンであるならばハードディスクをSSDに替えるというのは故障の面からも、処理速度の面からも賛成である。

トップページヘ行きパソコン購入の推薦を受ける