いらなくなったパソコンをどうしたらよい?

売れるなら売ってしまえ!

通常パソコンは処分すると大体処分代として3000円程度の費用がかかってしまう。しかし買い取ってもらうことで逆に買い替えの足しにする ことも可能だ。お勧めはソフマップである。ソフマップは秋葉原にも複数店舗を構えるショップで 管理人も良く利用している。壊れておらず、それほど古いもので無ければ大抵売ることができる、発売から1年くらいまでのものは購入金額の半分程度、5年前のパソコンならば3000円程度が目安だ。自作パソコンもOKで、その場合はパーツを分解した上で部品単位で買い取ってくれる。またセキュリティ対策も十分に行われており、一旦引取りセンターでデータを簡単にソフトを使って消去した後、再商品化センターへ運ばれる。そこでデータの完全消去が行われて再び店に並ぶというプロセスが取られる。そもそもこのようなデータ消去が問題になった場合、企業としては信用を失うので大きな会社はしっかりしていて安心である。データの初期化を自分で行えるのであればメルカリなどのフリマサイトで売ってしまうと高く売ることができるのでトライしてみる価値はある。その他、パソコン買い替え時に下取りしてくれる場合がほとんどであり、家に新しいパソコンを配送してくるタイミングで古いパソコンを引き取ってくれる。いずれにせよそのまま捨ててしまうのは処分費もかさんでもったいない。

売るために揃えておくもの

売るときに付属品がないと買取価格が減少してしまう。安いPCの場合買取価格が付かないという事にもなりかねないのでこれは重要である。 実際に必要なものはWindowsの再インストールCD, ユーザーマニュアル, ACアダプタ、ノートPCの場合本体ケース、LANアダプタなどである。 これらが無いと一つ無いごとに約500円程度値が引かれてしまうので売る事を考えている場合には残しておこう。特に再インストール用のCDは工場出荷時にパソコンを戻すものでこれが無いと買い取りがつかない場合もあるので、売ることを考えている場合は(考えていない場合でも壊れた時用に必要)無くさずに取っておこう。管理人の場合6年前のパソコンを再インストール用CD無しで1000円で売った事があるが、全て揃っていた場合は6000円の価格がついたと言われた。

その他壊れていても買い取ってくれるサイトも多い

パソコンが壊れていても買い取ってくれる、またパソコンがかなり古くても買い取ってくれる場合も多い。店側は、パソコンが壊れている場合はパソコンを分解し、正常な部分だけをばら売りしたり、修理して販売したりするためである。上記に挙げたような大手のサイトではこのような事は行っていないが、中古専門店はやっている場合が多いので「パソコン 買取」などでいろいろと調べてみると良い!高く買い取ってくれるサイトも見つかる かもしれない。手軽に無料回収で済ませたい場合はパソコン無料回収.comがお勧めである。壊れたパソコンでも引き取ってくれ、コンビニで着払いで送れば良いだけである。買い取り査定に出しても大してお金にならないと分かっている場合はめんどくさいのでこのサービスに出してしまうのも得策である。

トップページヘ行きパソコン購入の推薦を受ける