プロジェクターの選び方


近年プロジェクターの価格が大きく下がってきており、更に小型化も進んできたため、手軽なホームシアターシステムの構築、出先でのプレゼンテーションといった用途で注目を浴びてきている。購入を検討してみる価値はありそうだ。

こんな人へおすすめ!

  • 映画やテレビ・ゲームを大画面で見たい人
  • 出先でプレゼンテーションを行うビジネスパーソン(パソコンでプレゼンを見せるよりインパクトがある)
  • 同窓会、サークル活動、忘年会、新年会などで上映会を行う場合

USBでらくらく接続

プロジェクターがUSBメモリーに対応していればパソコン要らずである。ノートパソコンを使うまでも無くUSBをプロジェクターに繋げば、メモリ内にあるコンテンツを再生することができる。小型プロジェクターとUSBを使えばいかなる場所でも大画面でコンテンツの再生が可能だ。

選び方のポイント

  • 用途を考えよう。持ち運びたいのならば小型、性能を重視するならば大型
  • 対応するメモリーカードの種類、USBかSDかなど、持っているものが使えると良い。
  • スマートフォンに対応している機種など探せばいろいろある。
  • 明るさの単位はルーメン。できる限り明るいものを選ぼう、ルーメンが高いほど明るくなり、薄暗い場所 以外でも鮮明に移すことが可能。小型サイズはルーメンが小さいのでそこの評価を良く見ることがポイント。10ルーメンではあまりにも暗くおもちゃ程度にしか使えない。
  • 解像度が低いものは鮮明に移らないので注意、映像を見るならばできるだけ解像度の高いものを選ぼう
  • ポータブルのものならバッテリーの持ち時間を見ておこう。ACアダプタがあれば問題は無いが。

トップページヘ行きパソコン購入の推薦を受ける