デジタルフォトフレームの選び方

デジタルフォトフレームとは

デジタルフォトフレームとはデジタル写真の表示に特化したディスプレイであり、通常7inch程度の小型サイズ程度のものが多い。パソコンにあるデータや、デジカメで取ったデータをUSBケーブルやメモリーカードで転送することにより手軽に楽しむことができる。写真のスライドショーの他、動画の再生、カレンダー機能、目覚まし時計機能など多彩な機能に対応していて楽しい。3000〜30000程度と手頃な価格帯から贈り物としても高い人気を誇っている。

こんな人へおすすめ!

  • デジタルカメラで取った写真を印刷せずに展示したい人
  • ギフト用途、贈り物をしたい
  • インテリアとして部屋に添えたい
  • 目覚まし時計やカレンダー、写真立てなど複数の機能を一元管理して スペースの余裕を確保したい
  • いちいち写真立ての写真を変更するのがめんどくさい人
  • 気軽にYoutubeを視聴したい(対応機種による)

無線LANでより楽しく

無線LANに対応したデジタルフォトフレームならばインターネットに繋がるので更に楽しみは広がる。例えば、その日のニュースや天気予報を表示させたり、Youtubeの動画を検索して視聴したり、携帯で取った写真をそのままデジタルフォトフレームに送ったりと様々な活用方が可能だ。

選び方のポイント

  • 解像度⇒高精細な画像が映るかの指標、高いほど高精彩。800×600pixcelが高解像度(デジタル一眼レフで撮った写真を見るならば、800×600が必須)。しかしディスプレイの明るさなどで印象は変わるので、解像度の高いものが必ずしも綺麗に見えない時もある。
  • デザインが良いか?無線LANが使えるか?動画・音楽は再生できるのか?などなど。
  • 内蔵メモリー容量や対応メモリーカードはどうか?たくさんの写真を入れたいのならば内臓メモリー容量が大きいものを購入しよう。
  • 多くの製品が出ているが、Fujifilmやソニーなどの大手の製品を買えば失敗は少ない。

トップページヘ行きパソコン購入の推薦を受ける