オフィス製品(Microsoft Office)は必要か?OEM版、パッケージ版、Office 365の何を選ぶべきか?

オフィス製品は文書作成のためのWord、表計算のためのExcel、メールソフトのOutlook、プレゼンテーション資料作成のPowerPointなどからなる家庭用、ビジネスの両方で使用できるMicrosoftの基本ソフトウェア群の事を呼ぶ。これらのソフトは比較的高価であり、オフィス製品が付属している場合、パソコン価格が2~3万円ほど上乗せになる。家電量販店でパソコンの値段を見ていて安いモデルがあったと思うとオフィス製品が入っていない事が多い。このオフィス製品を付けるか付けないかで迷う事は多いと思われるので必要なのかをまずは考えていきたい。また必要だと判断した上で、オフィス製品はライセンスの形態の違いによりOEM版、パッケージ版、サブスクリプション版の3種類の買い方が提供されていて、そのうちのどれを選択すればお得なのかを次に考えていく。

オフィス製品は必要?

各オフィス製品の機能について

まずWordで何ができるのか?Wordは文章を作成するためのソフトであるが、ビジネス文書やレポート以外にも年賀状や名刺、店舗のチラシやPOP、地図入りの案内状など様々な用途に使われる。Officeを頼らずにフリーのソフトでも作れるのではないか?確かに作ることはできるであろうが、インターネットを調べていてもWordだと関連情報が多く見つかるし、Wordの使い方を目的別に説明した書籍も多く出版されているため扱いが簡単だというメリットがある。学生のレポートは大学生だとWordでの提出が一般的な事も多いので確実に必要となってくるであろう。 次にExcelであるが、Excelは表計算ソフトと呼ばれ、数値の解析をしたり、日常生活の場合には家計簿を付ける時にも重宝する。レポートを書くときにグラフを作ることがあると思うが、グラフもExcelだと簡単に作ることができる。数値をグラフ化する事はビジネス現場でも多く使われるため活用範囲は広い。 次にOutlook、これはメールを管理する、あるいはスケジュールを管理するためのソフトであるが、日常生活ではスマートフォンやアナログの手帳で行えているであろうからビジネスシーン以外ではそれほど使っている人は聞かない。メールの検索機能や仕分け機能が充実しているのでビジネス用途のパソコンでは入れておいた方が良い。 最後にPower Point(パワーポイント)これはプレゼンテーション用の資料を作成するためのツールで、学会や会社のプレゼンテーションではほぼどこでも広く使われているものである。他にメモに特化したOneNote、より装飾が施されたレイアウトの文書作成を行うためのPublisher、データベースアプリケーションを作成するためのAccesstというオフィスソフトがあるが購入時は特に気にする必要もないだろう。

オフィス製品には3つの組み合わせが存在する

オフィス製品には販売単位により3種類のソフトウェアの組み合わせが存在し、 Word,Excel,Outlookの組み合わせをOffice Personal、Word,Excel,Outlook,PowerPoint,OneNoteの5つの組み合わせをOffice Home & Business、Word,Excel,Outlook,PowerPoint,Publisher,Accessの7つの組み合わせをOffice Professionalと呼び、単体で購入する事もできるが、通常はこの3つのうち組み合わせのうちのいずれかを選択して購入することになる。

オフィス製品は必要か?どの組み合わせを購入すべきか

AccessやPublisherは専門性の高いソフトウェアでビジネスシーンでの利用も限定的であるため、一般人の購入対象となるものはOffice PersonalかOffice Home & Businessであろう。パワーポイントはビジネスシーンでかなりの確率で使用することになり、大学でも研究室やゼミで使う機会は多いため、社会人及び学生はHome & Businessを入れておいた方が良いだろう。それ以外でネットとメール程度に用途が限定されている人やゲームや動画などのエンターテイメント用途に使う人は入れる必要はないが、上記記述した使用例で使う可能性があるかなと思った人は一台は入れておいた方が無難である。 Officeの代替製品を使って済ますのはどうか?Word、Excel、PowerPointに替わるものとしてGoogle Docs、Google Spread Sheet、Google Slide、あるいはOpen Officeという代替ソフトウェアは存在する。しかしOffice製品との互換性が弱い、即ちGoogle Docsで編集したファイルをWordで編集しようとするとレイアウトが崩れるためにファイルの共有は行いにくい。またOffice製品と比べてインターネット上や書籍に情報が少なく、機能も絞られているため痒いところに手が届きにくく、使用しているといらだちを覚える事もあるだろう。その事を踏まえた上でかつそれほど使用するケースがないならば思い切って削るのもありといえばありだが、やはりオフィス製品は入れておいた方が安心感がある。

OEM版、パッケージ版、Office365版(サブスクリプション版)のどれを選ぶべきか

オフィス製品をパソコンに入れようと思ったとしても必ずしもパソコンの購入と同時にオフィスを入れておく必要はない。オフィス製品にはその購入形態によって次の3種類が存在する。その3種類の特徴を説明しつつ、どういった人におすすめかについても述べていこう。

OEM版

パソコンを購入した時にソフトとして一緒に付属しているものがこのOEM版である。パソコンの買い替え時も他のパソコンに移行する事はできない。パソコンとのセット価格で購入できるためパッケージ版と比べると割安である。自分用のパソコンが一台のみである人は価格面からOEM版がお勧めである。

パッケージ版

パソコンの付属品としてではなく、ソフトウェア単体として販売されているものがパッケージ版である。値段はOEM版よりも高価であるが、2台のパソコンにインストールでき(2台分のライセンスがあり)、2台に既にインストールされている場合は、片方のパソコンからオフィス製品のアンインストールを行う事で他のパソコンにライセンスを移行することもできる。パソコンが故障してアンインストールできない状況でもサポートセンターへ連絡することによってライセンスの移行作業は行えるので問題ではない。要するに2台同時まではオフィス製品をインストールする事ができる。因みにマイクロソフトはインターネットに接続してライセンスの認証を行い、同時に2台までしか使っていないかをチェックするのだがその認証を行わないと1ヶ月程度で機能制限が掛かってしまう。ライセンス認証を行うことでその制限を解くことができる。デスクトップとノートPCを2台使い、いずれもWindowsの場合はパッケージ版がお勧めであるが、オフィスソフトはどちらかのパソコンでしか使わないというのならばOEM版で全く構わない。

Office 365版(サブスクリプション版)

Office 365版(具体的にはOffice365 Solo)は月額課金または年額課金型の製品である。月単位で契約できるため、必要な時だけお金を払えば良い。また2台のPC、2台のタブレット、2台のスマホで計6台までインストールする事が可能である。いずれもインターネットからオフィス製品をダウンロードして使用を即座に開始する事ができる。パッケージ版もサブスクリプション版も2台のPCという点は同じであるが、パッケージ版はMAC版とWindows版が別売りなのに対して、サブスクリプション版はそれぞれに対してインターネットからインストールして使用する事ができる。またインターネット経由のソフトウェアの更新により、最新の機能を常に取り入れる事ができる。更に高価な付属サービスとして、One Driveというクラウドストレージを1TBもらう事ができ、インターネット上で多くのファイルを保存しておく事ができる。もっともオフィス365の解約を行うと1TBのストレージは25GB程度までしか使えなくなるため、こまめに使用する人はこの点に関しては注意が必要である。オフィスを毎月使わない人、目安としては年に3か月間以下の使用期間の人は必要な月だけ課金すれば良いためOffice 365が向いている。また複数デバイスで頻繁にオフィスを使用する人も、常に最新のソフトウェアを使え、多くの端末でどこでも使う事ができるため毎月課金する価値があると言える。より詳細はOffice365 Soloがクラウド時代に最強である理由を参照してほしい。

トップページヘ行きパソコン購入の推薦を受ける