ノートパソコンの選び方

ノートパソコンに特有のパソコンの選び方について説明します。

持ち歩く頻度でサイズを決めよう

どのサイズのノートパソコンを買えば良いかという問題だが、持ち運びを頻繁に行いたいのであればB5ノート(画面サイズが12.1インチ以下のノートPC)あるいは13.3インチ程度の小さめのパソコン家で主に使いたいのならばA4ノート(15.4インチ程度)がおすすめである。

B5ノートは12.1インチ程度の液晶が付いたノートパソコンのことであるが、液晶部分がB5なのであってボディーを含めるとA4程度の大きさなので注意しましょう。またA4ノート(15.4インチ程度)も同様に液晶がA4という意味でボディーはもう少し大きい。

たまに持ち運ぶくらいであれば中間を取って14.1インチのものを買うのも得策です。14.1インチは値段も高くなくおすすめできる。

A4以上のサイズとして17インチのノートパソコンはどうか? これは外への持ち運びはほぼ不可能な上、かといってデスクトップほどの性能は得られず中途半端な感は否めない。

家中のどこでも使えるノートがいいけども迫力のある画面を楽しみたい、あるいは作業効率をもっと上げたい場合は考えられなくはない。

しかしこの場合モニターと本体が分離していない一体型デスクトップPCをおすすめする。キーボードがディスプレイと分離していて快適であるし、家での移動もできなくはない。

まとめると以下のことがいえます。

  • 頻繁に持ち歩きたい人⇒B5ノート(11.6/12.1/13.3Inch程度)がおすすめ。重さの基準として1.5kg程度ならば軽く持ち運べる(1.2kg以下が理想)
  • 頻繁には持ち歩かないが、たまに持ち歩き、家のいろんな場所で使いたい人⇒A4ノート(15.4/15.6インチ程度)
  • 上記の中間を選び14.1インチも選択肢としてあり
  • 主に家庭内で使い、迫力のある画面が楽しみたい人⇒一体型デスクトップパソコンも検討に入れる

画面解像度に注意しよう

解像度とは画面の物理的な大きさ(12.1インチ、15.4インチなど)には寄らない表示領域の大きさの事である。

モニタの画面はドットと呼ばれる極小の点がいくつも集まっているのだが、FullHDサイズだと横1920縦1080の点からなり、WXGAというサイズだと横1368、縦768の点からなる。

想像しやすい例をあげると、YahooJapanのサイトはパソコンで全画面で表示すると、横幅が約950ドットである。このサイトを横に2つ並列に表示できる大きさがFullHDサイズで、一つ表示すると3分の1程度の画面が横に余るサイズがWXGAである。

他にも中間のサイズとして1600*900などのサイズもある。さて、この解像度はどれぐらいがおすすめなのだろうか?

もちろん解像度が高い方が価格も高くなる。また解像度は小さい方向には変更可能で、FullHDの解像度はWindowsのオプションでWXGA相当に変更する事ができる。

ともあれ個人的な目安としては13.3インチ以下ならばWXGAで十分、それより大きいサイズのノートパソコンならばFullHDを搭載しておくと快適である。

以前13.3インチでFullHDの解像度のパソコンを私は使っていたのであるが、文字が小さすぎて目が疲れるため結局解像度をWXGA相当に上げて使っていた。WXGAの解像度のパソコンであればもう少し安く買えたためやや損をした気分になった。

15.4インチ程度の大きさであれば、文字も小さくなりすぎないためFullHDの解像度の方が快適に感じる事が多いはずである。

持ち歩き主体の場合は故障率が低いSSD搭載がおすすめ

SSDとはハードディスクに変わるパソコンの記憶装置である。ハードディスクは磁気ヘッドと呼ばれる物理的な針がディスクの上を移動することによりデータを記憶する仕組みである。

しかしこの磁気ヘッドは繊細で物理的な衝撃に非常に弱い。したがって持ち運びで故障する可能性が高いのである。

さらに起動時間がハードディスクと比べ半分程度になるため、移動先でさっと開いて作業に取りかかることができる。

高速通信するなら無線LAN規格802.11acを搭載せよ

どこでもインターネットを行うには無線LANに対応していることが必要である。ノートパソコンの場合は標準搭載されているが、どの無線LAN規格に対応しているかで違いがある。

パソコン仕様の無線の欄にはIEEE 802.11ac/a/b/g/n対応などと書かれているが、これが無線LANをどういった方式で飛ばすのかを定めた規格である。

802.11acはGB以上の高速通信を可能にした規格で、対応していると家庭内のある程度離れた場所であっても高画質な動画を容易に再生する事が可能になる

また繋がりにくくなることも少なくなる

電子レンジやコードレス電話などの影響で電波が届きにくくなるという話を聞いたことがあるかもしれない。しかし802.11acは5GHz帯と呼ばれるこれらの機器とは干渉しない帯域を使用しているため安定的にネットに繋げることが可能だ。

家庭で1GB(ギガバイト)など高速のインターネット回線を契約している場合、802.11acに対応しているかどうかをチェックしておこう。また無線LANルータも802.11ac対応のものを購入する必要があるため注意しよう。

CPUのAtom,Celeron系はメインノートパソコンとしては使うな

CPUにAtom,Celeronと表記されている場合は注意が必要だ。

これらは格安ノートパソコンで主に使用されているCPUであるが、ブラウザを開く動作ですらやや遅いと感じてしまうレベルである。

複数のアプリケーションを開けている場合はより一層もっさりとした動作になってしまう。

Atom,Celeron搭載ノートパソコンはメインがあった上でのサブ機として使う分にはおすすめするが、一台しかPCを持っていない場合は避けた方が無難だろう。

頻繁に持ち歩くならば電池寿命を考慮しよう。

携帯電話もそうだが、持ち歩く場合はバッテリーに関しては常に注意を払わなければならない。携帯電話では小型の充電バッテリーを持ち歩けば済む話であるが、ノートパソコンの重いバッテリーはあまり持ち歩きたくはない。

注意すべきはパソコンのバッテリーはせいぜい公称値の7割程度であるということである。十分に持つと思って買ったのだけど思ったより持ちが悪く不便であった、ということがないように気をつけたい。

タッチ式はタブレットPC(2in1ノートパソコン)以外では不要

タッチパネルに対応していれば、ノートパソコンの画面にタッチする事で操作ができ、また専用のペンを使えば手書きで文字や図を書くことができる。

しかし、タブレットとして分離できるか、360度モニターを回転させてタブレットの形にできるタイプのパソコン(2in1 ノートパソコン)でないと手書きは非常に行いにくい。

また操作もタッチは直感的かもしれないがノートパッドやマウスでも十分にできる、かつ慣れてくるとキーボードでアプリの起動などの操作ができるようになるためあまりタッチを使う機会が無い。せいぜい画像や文字の拡大縮小に使う程度である。

タブレットPCに関してはタブレットにもなるパソコン 2 in 1ノートパソコンってどう?の記事で詳しく述べたため参考にして欲しい。

トップページヘ行きパソコン購入の推薦を受ける