※当サイトはアフィリエイト広告を使用しています。

Celeron比較表 セレロンはゴミではなく優秀なセカンドパソコン

Celeron比較表

CeleronはIntelのローエンド向けCPUのブランドであり、格安パソコンに多く搭載されている。性能は確かに低いが、用途を限定して、セカンドパソコンとして使うのであれば十分な性能を持っている。

しかしネットの評判を見ているとCeleronは使えない、やめとけとのコメントも多く、失敗する人は大勢いる。

また、CeleronもCore iシリーズなど他のCPUと同様毎年新製品が複数発表され、性能が順次上がっていくため、同じCeleronでも型番が異なると快適さが大きく変わってくる

そこで本ページではCeleronの特徴やどのような使い方をする人におすすめできるのかを説明する他、複数種類のCeleron CPUをまとめて比べられるよう比較表を用意した。Celeronと同程度の性能を誇るCore iなどのCPUの情報も含めて提供する。

より多くのCPUを調べたい人はCPU性能比較表を参考にして欲しい。

この記事の目次
  1. Celeron搭載パソコンは使えないゴミなのか?特徴を列挙
    1. 全体的にもっさり
    2. 3Dゲームは無謀
    3. 動画編集は快適ではないが動かせる
    4. Officeはそこそこ動く
    5. マルチタスクはつらい
    6. Celeronの特徴まとめ
  2. Core iの性能と並ぶこともある
  3. Celeronをおすすめしたいケース
    1. 軽い用途に限定される
    2. 使用頻度が低い、セカンドPCとして
    3. 節約したい、経済的な面から
  4. Celeronやめとけ派の主張
  5. 5万円のCeleron搭載パソコンでのおすすめ構成
    1. HDDではなくSSD搭載
    2. メモリは4GBでも良い
    3. SSDは128GB以上は欲しい
    4. Chromebookも買い
  6. 中古パソコン vs Celeron新品
  7. Celeron 性能比較表

Celeron搭載パソコンは使えないゴミなのか?特徴を列挙

Celeron搭載パソコンをカスだのゴミだの、使えないと言うのは、事前に十分にCeleronの能力について認識をしていなかったため起こったミスマッチによるものである。

使用頻度や目的を事前に想定しておけば防げることなので、Celeronパソコンを使うと体感的にどのような印象を受けるのかを説明する。

全体的にもっさり

低速なCPUの特徴であるが、アプリの起動や、ブラウザでタブを開く時の動作が遅いなど、基本的な動作がもっさりと感じる。別に不都合は感じないのだけど絶妙な感じで遅い。

インターネットとメールだけならCeleronで十分であると店舗などに出向くと説明されるが、このようなベーシックな動作まで遅いので、ナンセンスな発言である。

ただし、重いファイルを開かない、いくつもタブを開かない、バックグラウンドで処理を走らせないなど注意して使うと大して速度が変わらなかったりもする。

このため店舗で新品のCeleronパソコンを触った時は速い感じたのだが、使い始めているうちに色々なソフトを裏で動かすようになり遅くなったと後悔する人は多い。

3Dゲームは無謀

高度な3Dゲームには全く対応ができない、また簡易な3Dゲームであってももっさりするため、麻雀やマインスイーパーをするなら全く問題は無いが、ファイナルファンタジーなどの3Dゲームは最低画質でも絶望的である。

3Dのゲームはやらないと割り切ることが重要である。

動画編集は快適ではないが動かせる

遅いと言えば遅いが、HD画質の動画にテロップの載せる程度の動作は何なくこなす事ができる

このため頻繁に動画編集をしているような人にはもちろん向かないが、結婚式用のムービーを作成するなど、イベントごとのためにたまに使う程度なら問題はない

Officeはそこそこ動く

WordやExcel、PowerPointなどのソフトは、ただ文字を打ったり、家計簿のために表計算をしたり、絵をペタペタ張ってスライドを作るだけなのでCeleronでも十分にできる。

もちろん起動動作などはもっさりするが、それよりも考えている時間の方が長かったりするのでまあCeleronでも十分なのではないかと思う。

マルチタスクはつらい

たとえばZoomやスカイプで友達と楽しく話す、という用途には全く問題はないが、Excelの資料を全体に共有しながらオンライン会議で話すといったマルチタスクとなるとCPUを大幅に使ってしまい厳しい時もある。

背景をぼかすなどの処理ともあまり相性は良くない。基本的にマルチタスクにCeleronは弱いので、同時に起動させるソフトが最低限になるように気を使いながら操作するのが正しいCeleronパソコンの使い方である。

Celeronの特徴まとめ

全体的にもっさりでできない事もあるが、パソコン作業で必要な大抵のことはできるので値段相応の価値は十分にあるかと思われる。

  • Webサイト閲覧、4K動画の視聴などは余裕だが動作は絶妙なもっさり感
  • 3Dゲームはできない
  • 動画編集はFullHDまでで簡単なものなら遅いが可能。4K動画編集は無謀
  • Officeは問題なく動く
  • マルチタスクはもっさり感が増す
  • Core iの性能と並ぶこともある

    IntelのCore iシリーズには低消費電力向けのものからデスクトップ向けのハイパフォーマンスなものまで数多くの種類があるが、特にCore iの型番の最後にYが付くYシリーズは性能が低く、電力効率は高いものCeleron並みのパフォーマンスしか出ない。

    あるいは数年前に販売された数世代前のCore iシリーズのCPUと最新世代のCeleronを比べると最新世代のCeleronの方が性能が高い場合も多い。

    下手に高い金を出してCore iシリーズを選ぶよりは性能が低いと割り切ったうえでCeleronを選んだ方が正解なケースもあるわけである。

    Celeronをおすすめしたいケース

    Celeronでできる事、できない事、パフォーマンスについて理解できたと思うので、この情報をもとにCeleronをおすすめしたいケースを洗い出していく。

    軽い用途に限定される

    インターネットでの買い物、SNS、メール、Youtubeなどを手軽に楽しみたいだけならばCeleronで十分に用途を果たすことができるであろう。Officeについても問題はない。

    動画編集も4K動画の編集など重い処理をしなければそこそこ動いてくれるはずである。

    全体的に動きはもっさりしているが、あまり同時に複数のアプリやタブを開かない限りそれなりに動く。

    使用頻度が低い、セカンドPCとして

    パソコンの使用頻度はCeleron CPUを搭載するかの大きな決定要素となる。

    1時間ネットサーフィンを行うとして、Core i5のCPUとCeleronでは合計1分間程度ローディングの待ち時間で差がでるとする。大体一般的な使用ケースを想定するとこれぐらいだろう。

    週に1回使うとすると、1年間で約50分、5年間程度パソコンは使うので約4時間の待ち時間が発生する。一方毎日1時間だとすると5年間で28時間待ち時間を過ごしていることになる。

    Core i5を使用した時に生じる待ち時間の短縮幅を時給に換算して考えると次のような図になる。

    使用時間週に1時間毎日1時間毎日3時間毎日8時間
    5年の時短効果4時間28時間84時間224時間
    時給1000円とすると4000円2万8000円8万4000円22万4000円
    時給2000円とすると8000円5万6000円16万8000円44万8000円

    このように考えると定常的にパソコンを使わない人はCeleronで全く構わないということになる。一方で、仕事でパソコンを使うというような人は生産性を最大限上げるために全力で高いものを購入した方が実は割安という事が言える。

    そもそものパソコンの使用頻度が低い人や、手軽に持ち歩けるセカンドPCとして使いたい人にとってCeleronは非常におすすめができる。

    逆に一般的なサラリーマンで毎日1時間以上パソコンを使う人は、5万円高く払いCore i5のパソコンを購入した方が経済合理性の上では有利ということができる。

    節約したい、経済的な面から

    前節では経済合理性の観点でCeleronを購入すべきか説明したが、残念ながら単純にお金がなく、予算の絶対額が決まっているというケースも多いだろう。

    そのようなCore iシリーズ搭載のパソコンを購入したいがCeleronを購入せざるを得ないというケースでは本ページ最後のCeleron比較表をきっちりと確認し、できる限り性能の良いものを選びたい

    また、こまめにアプリケーションを閉じる、バックグラウンドで処理を走らせないなど工夫を凝らせばそれなりに高速性を保つことができるので、パソコンに詳しくない人はある程度軽くするための知識を付けていくことをおすすめする。

    Celeronやめとけ派の主張

    これはパソコンに詳しく無い人が、Celeronと知らずに価格の安さに釣られて、あるいは大手国内メーカーの10万円以上するパソコンを購入し、それをメインPCとして使っている人が声高に唱える主張である。

    メインPCとしては前述の通り、もっさりしていることと、重いアプリケーションを動かそうとしたら度々強制終了に悩まされる危険もあるので絶対にやめておいた方が良いと言える。

    Celeronにも種類があるが、最も高性能なCeleronでもやはり後述するベンチマークスコアは低いので、メインPCとして如何なるCeleronであれ避けるべきと覚えておくと良い。

    5万円のCeleron搭載パソコンでのおすすめ構成

    2万円ぐらいでもノートパソコンが売っているが、あまりにポンコツな作りをしていると安物買いの銭失いになるだけである。質感が安っぽすぎたり、音が常にギシギシ鳴っていたりと経験上ロクなことはない

    5万円程度を狙って購入すると、筐体もそれなりにしっかりし、動作としても安定感のあるものとなりおすすめである。ここでは5万円以内に収まる範囲でのおすすめのスペックを紹介する。

    HDDではなくSSD搭載

    アプリケーションの起動時の速度はおおよそ、アプリケーションファイルの読み込み時間 + 初期化処理で決まる。

    初期化処理は前にアプリを使っていた状態を復元する、ネットワーク通信によりアプリのアップデートが無いかを確認するなどCPUの果たす役割が大きい。

    しかしアプリケーションファイルの読み込み時間はストレージのファイル読み込みが高速かどうかで決まり、特にOSの起動はHDD(ハードディスク)と比べてSSDは読み込み時間が半分になり快適さが大きく向上する。

    Core i7でHDDのパソコンよりも、Celeron + SSDのパソコンの方がOSの起動は速い。

    メモリは4GBでも良い

    メモリはアプリケーションを動かすために必要な領域であり、値が大きいほど複数のアプリを快適に動かすことができる。

    しかしCeleronは馬力に欠け、複数のソフトを同時に動かそうとするとCPUのリソース不足で遅くなるためメモリが十分にあっても約に立たない場合が多い。

    なのでCeleron搭載のパソコンで8GBを搭載する必要性は薄い。動画編集をそれなりにやろうと考えているならば8GBあっても良いが、その場合はCore iシリーズをおすすめしたい。

    SSDは128GB以上は欲しい

    64GBの製品も売っているが、WindowsのOS自体が容量を逼迫し、実際に使用可能な領域は40GB程度になる。これにWindows Updateなどが重なるとほとんどパソコンにアプリをインストールしていないつもりでも容量まで行ってしまう。

    Windowsパソコンを使う最低が128GBと認識しておくと良いだろう。詳しくは下記リンクも参考にして欲しい。

    SSDの容量のおすすめは何か?
    128GBでもきついが64GBはちょっと現実的でないという事が分かります。

    Chromebookも買い

    インターネットを楽しむだけという場合にはChrome BookというWindowsではなくGoogleのChrome OSを採用したパソコンを購入しても良いだろう。

    起動がWindowsと比べて速く、快適にネットショッピングや動画を楽しむことができる。またファイルはクラウドでの保存が基本となり、Windowsほど容量は必要はないため64GBでも問題はない。

    ただし、使い勝手がWindowsと異なり、特に割安ということはなく、パソコンに困った時の情報量もWindowsと比べると少ないため、初心者は手を出さない方が無難である。

    中古パソコン vs Celeron新品

    中古パソコンならば高性能なCore iシリーズを積んだパソコンが割安で手に入るので、同価格ならばCeleronパソコンの新品よりも中古の方が良いという人もいる。

    本当にそうでしょうか?バッテリーの寿命が思ったよりも持たない、あるいは電池が膨らんできている、キーボードの利きが悪い、ハードディスクやSSDの寿命が残り少ないなどのリスクを考えると、大抵の中古品は割高である、という意見もある。

    しかし、法人向けパソコンを再整備して売りに出しているパソコンはクオリティが高く、ショップによっては電池残量を表示してくれていたりする。あるいはデスクトップパソコンならば故障のリスクは非常に低い。

    下記におすすめショップのリンクを貼るのでCeleronを購入しようか迷っている人は是非参考にしたい。

    中古パソコンおすすめショップランキング2023
    中古パソコンのおすすめショップをランキング形式で紹介。品質とコスパを両立させた優良ショップを厳選します。

    Celeron 性能比較表

    最後に同レベルのCPUと一緒に数多くあるCeleronをベンチマークスコア(PassMark Score)が高い順に紹介する。

    同じCeleronであってもスコアで2倍以上の差が付くこともザラにあり、このCPUのランク差が値段にも反映されている。

    Celeron搭載パソコンを購入する時は少しでも快適になるように、CPUの性能に注意を向け、価格と性能とのバランスをしっかりと考えよう。

    CPU性能比較表の読み方。注意・注目点+

    この比較表では、CPU名、ベンチマークスコア、TDP、コア数、スレッド数等の項目が載っているが、それぞれについて注意点を簡単に掲載しておく。表を見て比較する時の参考として欲しい。

    CPU性能比較表の読み方。注意・注目点
  • PassMark(M)・・・絶対的な評価基準、高いほど総合的に優秀。
  • PassMark(S)・・・シングルスレッドスコア、高いほどゲームのフレームレートやアプリ起動のサクサク感に効果を発揮
  • TDP・・・熱設計電力を表し、消費電力の目安。単位はW。ノート向けは概ね50W以下で探せば良い。
  • コア数・・・CPUの演算ユニットの数、多いほど同時複数の処理を得意とする。
  • スレッド数・・・パソコンから見える仮想的なコア数。1コアあたり2スレッドのケースが多いが2コア2スレッドには能力で劣る。
  • 最大周波数・・・パソコンの速度の基準の一つ、5GHzは1秒間に5億回の計算命令を発行できるタイミングを持つ。命令の効率にも依存するため一概には言えないが、一般的に高いほど単一で重い処理を高速にこなす事ができる。
  • 価格・・・単位はドル、アメリカでの参考販売価格。日本だとおおよそ130程度を掛けた値となる。輸入価格が上乗せされやや割高な感がある。
  • 発売年・・・ベンチマークとして初めて登録された年、日本での発売日とは若干ずれる可能性はある。
  • コスパ・・・PassMarkの値を価格で割った値。数字が大きいほどコスパが高い。まあ参考程度に。
  • PassMarkの点数の目安を主観ではあるが下記に示しておく。比較検討で役立つだろう。Celeronは当然の事ながら低い。ただカスはカスでも全く使えないという訳ではない

    PassMark(M)の目安
  • 40000 - ・・・ゲームのパフォーマンスに異常にこだわる変態、プロフェッショナルなクリエイティブ用途
  • 20000 - 40000・・・ゲームで高いFPSを目指す時、クリエイティブ用途で特定処理の高速化を実現したい場合
  • 12500 - 20000・・・複数アプリでのハードなPC作業も余裕でこなせ速い。高度な3Dゲームを快適にしたい場合
  • 8000 - 12500・・・日常的なPC使いでは余裕のパフォーマンス、簡単な動画編集や軽いゲームも快適にこなせる
  • 5500 - 8000・・・日常的なPC使いで遅いとは思わないレベル。テレワークでは最低これぐらいは欲しい
  • 3000 - 5500・・・体感的な引っかかりが気になるレベル。裏でウイルススキャンとか走ると辛い
  • 2000 - 3000・・・動画やブラウザでの引っかかりが多く、イライラさせられる。遅い
  • ~2000・・・敢えて言おう、カスであると
  • ※ゲームはGPU搭載が前提です。
    フィルター結果をコピー

    定番絞り込み
    40ヒット | CPU名クリックでAmazonへ | CPU売れ筋ランキング
    フィルターをリセット
    縮小表示
    CPU名称
    PassMark(M)
    PassMark(S)
    TDP
    コア数
    スレッド数
    最大周波数(GHz)
    価格($)
    発売年
    コスパ
    Intel Core i5-4460
    4975
    1902
    84443.4302014165.8
    AMD Athlon Gold 7220U
    4780
    2209
    15243.72023
    Intel Core i5-3470
    4692
    1943
    77443.6352012134.1
    Intel Core i7-6970HQ
    4632
    1532
    45483.72023
    Intel Celeron G6900
    4551
    2716
    46223.480202256.9
    Intel Pentium Gold G6605
    4504
    2569
    58244.3145202131.1
    Intel Pentium 6805
    4424
    1834
    15243161202127.5
    AMD Athlon 320GE
    4388
    1905
    35243.52021
    Intel Pentium Gold G6505
    4371
    2652
    58244.275202158.3
    Intel Pentium Gold G6600
    4273
    2613
    58244.2240202117.8
    Intel Core i5-6350HQ
    4255
    1420
    45443.2306202113.9
    Intel Pentium Gold G6405
    4251
    2528
    58244.172202159
    Intel Core i3-8140U
    4227
    2135
    15243.92019
    Intel Celeron N5095
    4106
    1514
    15442.92021
    AMD Athlon PRO 300U
    4080
    1931
    15243.32023
    Intel Core i5-2400
    4010
    1581
    95443.441201097.8
    Intel Celeron G6900T
    4003
    2342
    35222.842202295.3
    Intel Pentium Gold G6500T
    3874
    2277
    35243.575202151.7
    Intel Pentium Gold G6405T
    3746
    2171
    35243.564202158.5
    Intel Pentium Gold G6505T
    3698
    2271
    35243.690202241.1
    Intel Core i7-7500U
    3697
    1929
    15243.553920166.9
    Intel Core i5-7300U
    3619
    1926
    15243.562720175.8
    Intel Pentium Gold G5600T
    3601
    2025
    35243.32022
    Intel Pentium Gold G6400T
    3588
    2118
    35243.464202156.1
    Intel Pentium Silver N5020
    3404
    1307
    6441.12021
    Intel Core i5-7200U
    3348
    1761
    15243.149920166.7
    Intel Core i7-6500U
    3339
    1702
    15243.139320158.5
    Intel Celeron N5100
    3306
    1409
    6442.82021
    Intel Core i3-6167U
    3255
    1643
    28242.72015
    Intel Core i5-6300U
    3245
    1669
    152432015
    AMD Athlon Silver 7120U
    3100
    15223.52023
    Intel Core i5-6200U
    2993
    1565
    15242.82015
    Intel Celeron G5925
    2841
    2198
    58223.645202163.1
    Intel Celeron G4950
    2714
    2041
    54223.3120202122.6
    Intel Celeron G5900T
    2620
    2028
    35223.242202162.4
    Intel Celeron 7305
    2433
    853
    15551.1107202222.7
    AMD A8-7690K
    2157
    1441
    95443.72023
    ARM Cortex-A76 4 Core 2400 MHz
    2147
    1048
    442.42023
    Intel Celeron G5905T
    2100
    1718
    35223.342202150
    AMD Turion X2 Dual-Core Mobile RM-76
    799
    35222.32023

    トップページヘ行きパソコン購入の推薦を受ける

    CPU性能比較
    直販店人気ランキング
    • マウスコンピューター
    • デル
    • パソコン工房
    • Lenovo
    • 富士通
    • NEC
    • HP
    • 東芝
    • マイクロソフト
    この記事の目次
    1. Celeron搭載パソコンは使えないゴミなのか?特徴を列挙
      1. 全体的にもっさり
      2. 3Dゲームは無謀
      3. 動画編集は快適ではないが動かせる
      4. Officeはそこそこ動く
      5. マルチタスクはつらい
      6. Celeronの特徴まとめ
    2. Core iの性能と並ぶこともある
    3. Celeronをおすすめしたいケース
      1. 軽い用途に限定される
      2. 使用頻度が低い、セカンドPCとして
      3. 節約したい、経済的な面から
    4. Celeronやめとけ派の主張
    5. 5万円のCeleron搭載パソコンでのおすすめ構成
      1. HDDではなくSSD搭載
      2. メモリは4GBでも良い
      3. SSDは128GB以上は欲しい
      4. Chromebookも買い
    6. 中古パソコン vs Celeron新品
    7. Celeron 性能比較表
    Topic
    Ranking
    Top