パソコン選び方・購入ガイドへようこそ!

パソコンを購入するためには最低限の知識を持っておく必要がある。知らないために自分が行いたい事に対して十分なパフォーマンスを発揮してくれなかったり、あるいは逆に求めていない機能に対して費用を数万円規模で掛けてしまうことがあるためである。

パソコンは高価な製品なのでしっかりと吟味したいところ。まずは簡単な質問に答えてどのパソコンが自分に適しているかを大まかに把握し、また判断に迷った時は各トピックを参照してより掘り下げて検討してみよう。

パソコン推薦システム

このアンケートに答えてみよう!結果でおすすめのメーカーやパソコンを購入するときの指針を教えてくれます。初心者でもこの結果に従ってパソコンを購入すれば後悔する事は無いはずです。

  • 重視しない<=
  • =>重視する
種類
Spec(性能):処理速度を重視するか
Price(価格):コストパフォーマンスを重視するか
Design(デザイン):パソコン本体のデザインを重視するか
Support(サポート):操作ガイド、コールの受付など
初期ソフトの充実:
Game(ゲーム):PCゲームを快適に行いたいか
Battery(ノートPCの電池の持ち時間):
Portability(携帯性):持ち運んで用いたいか
Space(スペース):省スペースに拘るか
ビデオ/動画編集:
映画の鑑賞:
PCでのテレビ視聴
PCの起動時間:
拡張性:メモリ、ハードディスクの増設等
ビジネス、学校で必要か?:


パソコンの選び方 一言アドバイス

パソコン購入時の指針を簡単にまとめておきます。より詳しく知りたい方は各トピックを参考にして下さい。

ノートPCかデスクトップPCか?

定位置で使うならばデスクトップPC、使う場所を限定しないならばノートPCが良い。いつも机で作業をするのにノートである必要はない。

デスクトップの利点の1点目はコストの割に性能が良いこと。筺体が大きいため冷却性能が優れている。そのため熱くなる事が少なく安定して動く。

2点目は拡張の自由度が高いこと。パソコンが重くなってきたと思ったらメモリを、ゲームが行いたいと思えばグラフィックボードを増設といったことが簡単にできる(ノートでもメモリの増設はできるが挿しにくい)。また端子の数も多いのでスピーカーやUSBメモリなどを差し替える必要がなくて楽。

3点目は疲れにくいこと。ディスプレイとキーボードが本体から分離されているため、それらを好きな場所に配置して使うことができる。またノートパッドよりもマウスの方が使いやすい人は多いだろう。ノートパソコンはキーボードの幅も狭く、どうしても体勢が窮屈になり疲れてしまう。長時間作業にはデスクトップPCの方が向いている。

家で作業を行うときはデスクトップで行い、出かけ先でノートを使うというスタイルも一般的である。

ノートPCはどう選ぶ?

まず、サイズに関して。主に家の中で場所を選ばずに使いたい場合は15.4インチ程度が良い。画面サイズが大きいほど作業が行いやすい。またこのサイズ帯のものはスタンダードノートとも呼ばれ値段もお手ごろである。

外へ頻繁に持ち運ぶのであれば12.1,13.3インチ程度のものが軽量で良い。1.2kg以下を目安としよう。

また持ち運ぶ際は電池寿命に注意しよう。公称値の7割程度しか電池がもたない場合が多いためである。7時間電池がもつと書かれていたらその約7割の5時間しかもたいないケースが大半である。

デスクトップPCはどう選ぶ?

まず、筐体について。拡張を行いたいならばタワー型と呼ばれる筐体の大きなサイズ、省スペース化を図るならばミニタワー、あるいはスリム型と呼ばれる筐体がやや小さめなタイプを選ぼう。

ただしスリム型は拡張性が低く、メモリーの増設ならば簡単であるが、グラフィックボードは挿せるものが限られてくる。

またより省スペース化を目指すならばディスプレイと筺体が一体となった型もある。配線がすっきりしてデザイン的にも優れているが、修理費がかかり、拡張性もスリム型以上に難がある事を念頭に入れよう。

買い替えの時もディスプレイだけ使い続けることは一体型だと不可能である。

ディスプレイのサイズは作業効率や動画を快適に視聴することを求める場合は大きくて良い。24インチ程度までなら大きいほど作業効率が上がる

OS

WindowsのHome Editionが良い。 OSとはアプリを動かすためにパソコンに組み込まれている基本ソフトのこと。マイクロソフト社のWindowsが9割以上を占める。

WindowsにはProfessionalとHomeの大きく2つのEditionがあり、ProfessionalにはHomeの機能に加えセキュリティ面が充実していたり、リモートデスクトップ(他のパソコン経由でパソコンを操作できる機能)が使えたりする。

ただ、家庭でこれらの機能を使う状況など稀。積極的に活用している人も見たことがないため敢えてProfessionalにする理由は無い。

CPU

動画編集、ゲームをするならばCore i5以上のスペックは必要。Officeを使うならばCore i3以上メールとネットの閲覧程度ならばCeleron,Atomといった低速のCPUでも構わない。

CPUはパソコンの速さを決める計算部分をつかさどる部品。Intel製ならば、Core i9 > Core i7 > Core i5 > Core i3 > Celeron > Atomという速度順。

メモリ

8GB程度がおすすめ。 メモリはパソコンにおける作業スペースの役割を果たしている。 音楽を流しながらExcelを開き、インターネットをしつつ、とながら作業を行うと、スペースが足りなくなり動作がカクカクしてきてしまう。しかし8GBあればこの状況でも軽快に動作する。

インターネットや動画視聴を中心とし、ながら作業があまりない場合は4GBでも問題がない。

また、4GBが2枚と8GBが1枚のオプションで迷った場合は4GBで2枚の方が高速。これはデュアルチャネルといって、2つのメモリに同時にアクセスを行うことで処理速度を速めようとする技術のためである。

DDR4-2400、PC4-19200など馴染みのない規格が表記されている事があるが、2400、19200の部分が実際のメモリー速度を表す。高いほど高速である。

因みにDDR3、DDR4と番号が異なると同じパソコンで同時には使えない。したがって、将来パソコンを買い替える時にメモリを引き抜いて使いまわそうと考えている場合には新しい仕様のものを選ぼう。

Officeソフト

基本的にWord,Excel等は学生、社会人でひとつも持っていなければ付ける。PowerPointも付けるとベスト。使う機会が必ずあるはずである。学生ならばアカデミック版を購入するという手もある。

また、Office365という月額・年額課金制のプランもある。年に数回しか使わないと分かっている場合や、MACとWindowsの両方で使いたい場合は、パソコン購入時にはOfficeは選ばずにこのプランを選択しても良い。

ディスプレイ(モニタ)

迷ったら光沢のないノングレアが良い。 モニタには光沢があり反射でチカチカするグレアタイプ、光沢のないノングレアタイプがある。

動画や写真を閲覧する場合、グレアタイプの方が映える。しかしインターネットの記事を読む、文書編集を行うなど活字主体の作業はグレアタイプでは目の負担が大きい。

パソコンは一般的に作業を中心に行うことが多いため、大抵はノングレアを選べば間違いはない。

HDD(ハードディスクドライブ、ハードディスク)

ファイルの保存に必要な機器。音楽ファイルは2000曲入れても10GB程度にしかならず、写真もそれほど大きな容量は占めない。よって動画をどの程度保存するかが容量を選ぶ上で重要となる。

1TBの容量があれば、テレビ番組はクオリティを保ちつつ画質をやや落としたモードで約230時間、画質を落とさずに約100時間録画できる。このくらいの基準を元に考えれば良い。

ただHDDは外付けで安く販売されているため、パソコン購入時は控えめで良い。動画をあまり保存しないのであれば500GBあれば困る事はないだろう。

SSD

HDDの代わりとなるもの。高価であるが高速で寿命が長く壊れにくい。例えばパソコンの起動時間がHDDの半分になる。また持ち運び用のノートパソコンは壊れやすいので耐久性を高めるために是非積んでおきたい。

高価なものなので、容量は128GBなど少なめにせざるを得ない。128GBであっても大抵困る事はないが、動画を大量に保存する場合は外付けのHDDに保存するか、インターネット上のストレージサービスを用いてアップロードするなどの対策が必要。

ウイルス対策ソフト(ウイルスバスター)

最初の3カ月程度は有料のウイルス対策ソフトが無料で使える事が多いのでしばらくはそれを使いその間に研究しておいても遅くはない。IDとパスワードを盗まれるとお金を失う可能性があるなど被害が大きいと感じる場合は入っておいた方が安心である。

ワイヤレスマウス、キーボード

デスクトップPCなら是非欲しい。配線が不要となりスッキリする。電池も1年は持つのであまり気にならない。

グラフィックボード

ゲームをする人は必須。3Dを綺麗に描くことができる。動画を高画質で見たい人は付いていても良いが特になくても問題ない。

DVD,BDドライブ

一つは欲しいが正直なところ。USBやインターネット上にデータを保存しておくことが多くなり、DVDを使う機会が減ったため、薄型ノートPCにはついていない場合も多い。

しかし、音楽CDを取り込む、本に付属のDVDを読み込む、宴会のためのムービーを作成し保存するなど利用ケースはまだまだ多いといえる。

外付けのDVD,BDドライブも安く買えるのでいざとなったら代用しても良い。また、BDドライブはデータ保存目的よりも動画視聴目的が多いので、BDレコーダーがある場合は不要。

無線LAN

高速で通信させたいならIEEE802.11ac(無線通信のための規格の一つ)対応のものを選ぼう。Wifiルーターのポイントから離れていても高速でインターネット接続をすることができ、ハイビジョンの映像も楽々視聴ができる。

これは2階以上ある一戸建てで特に有効である。家の隅々まで高速通信を行き届かせることが可能だ。

対応していない場合には、少なくとも一つ前の企画であるIEEE802.11nには対応している事は必要である。

USBポート

USBで大容量のファイルをやりとりするならばUSB3.0に対応していることが望ましい。外付けのハードディスクを使う場合がその一例である。USBポートを通してパソコンと接続を行うからである。

USB3.0に対応している場合はUSB2.0よりも2倍以上高速にファイルをコピーする事ができる。理論上の値は5倍程度高速である。

例えば1GBのファイルをコピーする時USB2.0だと1分近く掛かるのが、USB3.0だと20秒程度には短縮する事ができる。体感速度としてもかなり速くなり快適である。

パーティション

ハードディスクを内部的に2つに分割してリスク分散させる事であるが、正直不要である。データのバックアップは外付けのハードディスクやUSBメモリで行う方がより手軽。

保証は必要か?

パソコン以外にも言える事だが電化製品には1年のメーカー保証を基本として、3年、5年保証を有料で選べることが多いが1年保証以外は基本的に不要である。

バスタブカーブという言葉を知っているだろうか?故障率は最初の1年間は高いが、その後2~5年後は低くなり、更に期間が経つとまた高くなる。

故障率が時間とともに高い、低い、高い状態となり、故障率を縦軸、時間を横軸としてグラフを描くとバスタブのようになることからこのように呼ばれている。

要するに、2~5年目は故障率が統計的に高くないため有料で保証に入ってもそれほどメリットはないという事である。実際ヨドバシカメラで働いていた時は5年保証は利益率が高いため頑張って加入させるようにと言われていた。

しかし万が一という事もあるのでここは個人の判断にお任せしたいと思う。

パソコンメーカーの選び方

数多くあるパソコンメーカーの中で一社を選ぶことは難しいかもしれない。そのような時には大枠を掴んでから詳細を絞るべきである。そこで特徴ごとに国内大手、外資大手、国内BTO、外資OS提供メーカー(マイクロソフト)の4つのタイプに分け、それぞれに適したユーザー及び大まかな特徴を説明する。

安心と信頼、ソフト充実の大手電機メーカー(富士通・NEC・東芝)

パソコン初心者におすすめ。使い方ガイドが予めソフトとしてインストールされており、パソコンを最初に開くと初期設定やできることがすぐにわかるようになっている。

これにより、起動させたもののどうしよう? と途方にくれる心配はない。

また初期ソフトが充実しているため、やりたい事を実現するためのソフトも一通り揃っている。

パソコンでできる事をあれこれ調べなくともガイドに沿っていけば自然に使いこなす事ができるように導線が引かれていることが大手電機メーカーのパソコンの特徴である。

また、安心面においても抜かりがない。電話による使い方、修理相談などを大抵の場合は無料で行ってくれる。

電話相談で難しければインターネットを介してリモートでパソコン画面を共有して操作を指導するなど、より高度なサービスを行っているメーカーもある。

パソコンの廃棄においても買い替え時でなくとも無料で回収してくれるなど、利用中、買い替え時問わず迷うことなく自分が行いたい作業を行うことができる。

パソコンの性能だけ見ると価格と見合わない事が多いものの、充実したサポートとソフトにより快適なパソコン生活を送ることができるだろう。

コストパフォーマンスが高い世界企業(Dell/Lenovo/HP)

好きなソフトを探してきてインストールする、あるいはネットで情報を拾いトラブルを解決することができるような パソコンにある程度慣れた人におすすめ

。最初に購入したパソコンは国内大手メーカー製だけど次の購入は外資メーカー製という人は多い。

これらのPCはコストパフォーマンスが非常に高く、日系メーカーのPCと比べると3割程度は安い印象がある。

サポートや初期ソフトが削減されていること、世界で大量生産を行っていることが安さの要因である。初期不良などでサポートに電話すると日本語が下手くそな外国人が出ることもざらにある。

自分好みのパソコンを選んで購入できるBTOメーカー(マウスコンピューター、ドスパラ、パソコン工房等)

パソコン自体に興味が有る人におすすめであるが、そもそもBTOメーカーとは何か?聞きなれない言葉であるが、Build To Orderの略で日本語に直すと受注生産、即ちこんなパソコンを作って欲しいという依頼を受け、そこからパソコンを組み立てて出荷するという事である。

BTOパソコンメーカーとして名高いこれら各社は、パソコンの注文時に細かい発注が可能である。したがってより自分の使用目的にあったパソコンを選択する事ができる。

例えばCPUの場合、細かいバージョンの違いを選択できるほか、CPUを冷却のためのCPUファンまで選択できることもある。

ストレージの場合、SSDとHDDの選択から、それぞれの容量まで非常に細かく指定ができる。大抵のメーカーは500GB,1TBの2択程度であるがBTOメーカーの場合はSSDの120GB,240GB,256GB,480GB,512GB,960GB,1TB、ハードディスクの場合は500GB,1TB,2TB,3TB,4TB,8TBと選択肢の幅が大きい。

タワー型のデスクトップPCを選んだ場合には、購入後の拡張も自由自在である。

パソコンに詳しい事が前提であるためサポートに関してはあまり期待が持てない。しかしその分コストパフォーマンスや拡張性が高く、必要な部品を必要な分だけ装着できるために自分好みのパソコンに仕上げる事ができる。なんとなく愛着も沸く。

独自路線のMicrosoft

デザインや使い方にこだわりたい人におすすめ

マイクロソフトの独自パソコンSurfaceはOSの開発会社だけに非常にユニークである。

Windowsを最大限に活用できるような製品仕様となっており、タブレットとしてもノートパソコンとしても使える2in1ノートパソコンが基本のラインナップとなっている。

タッチパネル、ペンでの操作にも対応しており多様な使い方ができデザインも洗練されていて持ち運びやすい。価格面でのパフォーマンスは悪いが感性に訴え、新しい使い方を定義するパソコンとして楽しいものとなっている。

このサイトの目的

パソコンを購入する最良な方法はインターネットのメーカーの直販店でパソコンを購入することだと思われる。なぜなら保証をしっかりしてくれるし、店舗に出向いて買うよりも値段が安い、更には自分に不必要な機能を省いて注文できる

しかしいざメーカー直販店で買おうとなるとなかなか勇気がいるものである。

どのメーカーが自分に合っているか?自分に必要な機能は一体何なのか?メモリやハードディスクは一体どのくらい必要なのか?CPUで○○搭載だから速いと宣伝されているが一体それはどれほどのものなのか?

などいろいろ疑問が沸いてしまい結局注文できないケースが多い。

このサイトの目的はメーカー直販店で自分向けのパソコンを購入する助けをすることである。しっかり読めば初心者であってもパソコン購入時の大半の疑問点は解消されるはずである。

気になる点をどんどん調べていこう。

管理人紹介

Yamanaka:元家電販売員のエンジニア
東京都品川区在住。最近はシリコンバレーとの往復を繰り返す。開発の片手間にちまちまと更新しています。