Windows7とは

Windows7とは?

Windows7とはマイクロソフトの作成したパソコン用のOS(コンピュータを動かすための基本ソフト)の事でパソコンにはじめからインストールされているものである。前回マイクロソフトが発表したOSはWindows Vistaと呼ばれ世間的に動作が重い、エアロなど無駄な機能が多いと批判の的であったが、今度のWindows7は動作が軽く、アプリケーションがサクサク動くと比較的好評なようである。 またWindows8はタッチパネルに対応できるような作りになっており、今まで使ってきたものと使い勝手が異なることも多い。以前のような慣れた環境でパソコンを使いたい場合はWindows8を選ばずにWindows7を選ぶのも良い選択肢であるといえる。

Windows7とWindowsVistaの比較

1.起動が早くVistaと比べ20%程度改善
2.消費電力が抑えられ、ノートパソコンの電池のもちが改善
3.ジャンプリストによりよく閲覧するWebサイトや良く聴く音楽に素早くアクセス
4.パソコン内のフォルダやファイルの検索速度がアップ、また検索対象が外付けハードディスクなど外部接続されたものに対しても行えるように範囲拡大
5.メディアストリーミング機能により自宅の音楽や動画に外出先からアクセス

わかりにくい所を説明していく。まずジャンプリストというのは自動で作成してくれるショートカットみたいなもので、最近使用した、あるいはよく使用するアプリケーションやよく聴く音楽なんかを自動でデスクトップ下に登録してくれて一発でアクセスできるようになる機能である。意外と便利で使えます。またメディアストリーミング機能は、ややマニアックな機能であるが、Windows7のパソコンが2台以上ある場合、動画や音楽をインターネット接続により共有できるようになる機能である。即ち自宅にある動画や音楽を外出先のWindows7の入ったノートパソコンで視聴する事ができるというものである。認証はWindowsLiveのIDで行いセキュリティもそれなりに確保されていると言える。

ネットワーク時代のOSがWindows7

今後ネットワークで様々な機器が繋がり、パソコン内の動画をテレビで見たり、パソコン内の音楽を外出先で聴くというような事が一般的になってくると 思われる。そのような時代に適応したOSこそWindows7であると言えそうだ。

トップページヘ行きパソコン購入の推薦を受ける