OSの選び方

そもそもOSって?

OSとはコンピューターを動かす上で基本となるソフトのことである。これがないことにはマイクロソフトオフィス、ウイルスバスター、IE(インターネットイクスプローラー)などは動かない。現在の主流はマイクロソフトのWindowsと呼ばれるものである。また最近Macも普及してきている。OSが異なればOSの上で動作するソフトの作りも異なるので、例えばMacで動くように作成されたソフトはWindowsでは動かせない。またOSにもバージョンがあり、WindowsではWindows10, Windows8, Windows7, Windows Vistaなどのバージョンが存在する。(更ににその中でもWindows10 ver1.0,ver2.0などと分けられている。) 何かPCのソフトを購入する時はOSとOSのバージョンに気をつける必要がある。例えばPCのソフトを買うときはWindows10以上対応などと明記されているが、Windows10より前に発売されたWindowsソフトは動作保証をしていないという意味である。動く可能性もあるが、動かない事の方が多いと考えておくと良いだろう。

基本は最新のものを選べ

OSにはサポート期限があり、その期限までならばセキュリティ対策や機能更新のアップデートを受けることができる。サポート期限が過ぎた後にはセキュリティ上の問題が見つかったとしてももうアップデートは提供されず、問題が起きる可能性がある。例えばウイルスを仕込まれ、自分が入力したパスワードをこっそりと仕掛け人に送るといった問題が起こりやすくなる。サポート期間はWindowsだとOSの発売から10年程度はある事が多いが、長く使うものなので基本は発売されている中で最も新しいOSを買うのが良い。もっとも大抵販売されているものは大抵最新のOSになっているので新品を買うならばあまり問題にならないかもしれない。しかしいずれにしても古いOSを購入する理由はあまりないと言える。

エディションの選び方

ウィンドウズにはエディション(Edition)というものが存在する。 基本的にはHome用とProfessional(Pro)用があり、Home用は一般家庭での使用で十分な機能を提供しており、Professional用はHome用に加え仕事で使われる機能が提供されている(基本的に値段はProfessionalの方が高い)。ビジネスを行う上で何が必要かを考えた時データの紛失、漏洩が許されないということが挙げられる。よってProfessional用はHome用と比べバックアップの機能やセキュリティ機能が強化されている。またリモートでのパソコン操作、グループ内でのデータ共有等のサポートもある。ただ個人で使用する分には基本的にはHome用で十分である


以下は少し古い記事、中古パソコンを買うときなどには参考にしてください

Windows7,8:敢えてProfessionalを選ぶ場合

OSには互換性という問題が常に付きまとう。以前のWindowsXPで動いていたものがWindows7で動かなくなってしまった、あるいは表示がおかしくなったというような場合が多々ある。そのような場合にProfessionalは便利である。ProfessionalにはWindowsXPModeというものが存在し、このような互換性の問題を解決してくれる。以前からXPで多くのソフトを使っており今回Windows8に移行しようという人であればこの機能はあった方が良いかもしれない。しかし大抵の場合XPで動いたものは8でも動くので、貴重な資料やソフトを保有しておりそれが使えないとどうしても困るというような場合があればProfessionalを検討するという程度に考えておけば良いと思われる。

Vista Home Basicでメモリ512MBは絶対選ぶな!

WindowsXPからWindowsVistaに2007年1月31日から次第に変わりつつあるのであるがWindowsVistaはメモリが少ないと動作がかなり遅くなるといった欠点がある。要するにメモリをたくさん食って重いOSなのである。それゆえXPでメモリ512MB積んでいる場合とVistaでメモリ512MB積んでいる場合ではVistaの方が体感速度が3割程度遅くなるのである。起動するのにも時間が結構かかりストレスがたまってしまう。ということでHome PremiumでなくHome basicを選ぶ場合でもメモリを1GBに増設することをお勧めする。(Home Premiumはもともとメモリが1GB以上必要)

せっかくならHome Premiumを選べ

Home Premiumは何かと視覚効果がかっこいいし使いかっても多少良くなる。またムービーメーカー、DVDメーカーといったレベルの高い映像編集ソフト等が付属しておりエンターテイメント性にも富んでいる。さらにBasicとPremiumは値段に差があまりないのでせっかくならHomePremiumを選んだ方がお得な感じはする。具体的な各エディションの比較はこちらBusinessは暗号化等セキュリティに特化したモデルです。さらに知りたい人はMicrosoft Windows Vista: ホームで色々できる事を調べてみよう。めんどくさい人は取り敢えずHomePremiumを購入しておけば失敗しないかと思います

XP搭載のパソコンがいまだに売っているが

現時点で購入できるXP搭載のパソコンはかなりお買い得である。VistaにOSが変わったことによりセキュリティー・検索機能などが強化されているそうなのだが今までのXPもかなり完成されたOSであり、XPを使い慣れているならVista搭載のパソコンを選ぶということにそれほどの意味は存在しない。そういうわけなのでXP搭載のパソコンを買うのに抵抗を覚える必要はあまりないです。良いのがあったらXPのものであっても買うべきである。XPはメモリ消費量も少ないのでVistaよりも安上がりで済みます。しかしまあXP VISTA 徹底比較みたいな記事もマイクロソフトから出てますしメモリを十分に確保できればVistaの方が良いということもできるでしょう。Vistaのメモリ適正値はトップページのアンケートでわかります。
XP⇒完成されたOSでバグ等が少なくメモリが少なくても動作が軽快、値段が安い。管理人の友人はXPを好んで買う人が多い。
VISTA⇒メモリが少ないと動作が極端に鈍くなるが綺麗、バグ等もVista発売からもう大分たつので少なくなってきているはずである。

トップページヘ行きパソコン購入の推薦を受ける