ノートパソコンの選び方

持ち歩く頻度でサイズを決めよう

どのサイズのノートパソコンを買えば良いかという問題ですが、持ち運びを頻繁に行いたいのであればB5ノート(画面サイズが12.1インチ以下のノートPC)あるいは13.3インチ、14.1インチ程度の小さめのパソコン、家で普通に使いたいのならばA4ノート(15.4インチ程度)がお勧めです。B5ノートはA4ノートに比べて値段が高い傾向にあります。一方A4ノートは価格が安いものが多く、4万円程度で買えてしまうものもあります。ところでB5ノートというのは12.1インチの液晶が付いたノートパソコンのことですが、液晶部分がB5なのであってボディーを含めるとA4程度の大きさなので注意しましょう。またA4ノート(15.4インチ程度)も同様に液晶がA4という意味でボディーはもう少し大きいです。この辺は間違えやすいところなのでよく注意しましょう。たまに持ち運ぶくらいであれば中間を取って14.1インチのものを買うのも得策です。14.1インチは値段も高くなくお勧めできます。
さてA4以上のサイズとして17インチディスプレイのノートなども存在しますがこれについては持ち運びにも不便であるし、かといってデスクトップほどの性能が得られないノートです。家中のどこでも使えるノートがいいけども迫力のある画面を楽しみたい、あるいは作業効率をもっと上げたいという人は大きいノートが向いているといえます。まとめると以下のことがいえます。

  • 頻繁に持ち歩きたい人⇒B5ノート(12.1/13.3/14.1Inch程度)がおすすめ。重さの基準として1.5kg程度ならば軽く持ち運べる。電池寿命も気にしたい。最近では薄型で高性能で更に電池寿命も長いウルトラブック(後述)というジャンルも登場している。
  • 頻繁には持ち歩かないが、たまに持ち歩き、家のいろんな場所で使いたい人⇒A4ノート(15.4インチ程度)
  • 主に家庭内で使い、迫力のある画面が楽しみたい人⇒A4より大きいノート

持ち歩きを重視するならばウルトラブックがおすすめ

ウルトラブックとは定義は特に定められていないが、薄型軽量ノートパソコンのカテゴリで、CPUのパワーが優れているためサクサク動き、 電池寿命にも優れているという持ち運びには最適なパフォーマンスを提供してくれる。(欠点を上げるならば薄いためキーを押した感じが しないという人もいる)

起動が遅いと感じる場合はSSDを搭載するように

SSDとはハードディスクに変わるパソコンの記憶装置で、これを搭載していると起動時間がハードディスクに比べ半分程度になり、 さらに故障しにくいというメリットがある。(詳細はSSDの選び方を参照)、特に持ち運ぶとハードディスクが故障 しやすいためパソコンの寿命をのばすためにも搭載することをお薦めする。

無線LAN機能は搭載しておけ

どこでもインターネットを行うには無線LANに対応していることが必要です。ほとんどの場合はパソコンに内蔵されているのですがたまにカスタマイズでの選択形式になることがあるのでどこでもインターネットをしたい場合は付けておきましょう。(3000円ほどかかります)しかしまあ付けるのを忘れていたとしても外付けできるものなので困る事はないです

頻繁に持ち歩くならば強度や電池寿命を考慮しよう。

頻繁に持ち運ぶのであればパソコンは壊れやすいのが当然である。パナソニックやNEC等の大手日本メーカー製のものはB5ノートを買うと費用は嵩むが満員電車で毎日押しつぶされても耐えてくれる。また保証がしっかりしている場合が多い。更に長時間駆動能力をこれらのメーカーは備えている。 一方マウスコンピューターやデルのB5ノートはスペックは良いが電池が長続きせずやや信頼性に欠けるといった特徴がある。しかしソニーやNECより割安で購入できる。もちろん丁寧に使えば壊れないし電池もコンセントさえあれば全く不要であるので環境や資金によってこの辺は考える必要がある。

トップページヘ行きパソコン購入の推薦を受ける