2台目のパソコンのLAN配置

複数台パソコンでのインターネット接続

一家に複数台のパソコンがある場合、それら全てをインターネット接続するにはどうすれば良いのか?そもそもそんな事ができるのかと 疑問に思うかもしれない。しかしルーターというものがあればそれが可能になる。ルーターはモデムにその機能が含まれているものと含まれていない場合があり、含まれている場合はLANケーブルを購入して接続するだけで2台目以降のパソコンでもインターネットができるようになる。モデムにルーター機能が含まれていない場合、あるいはルーター機能がついたモデムには無線LAN機能が搭載されていなく、無線LANを導入したい場合は別途ルーターとLANケーブルを購入すれば良い。モデムにルーター機能がついているかどうか判断するにはモデムにLANケーブルを挿せる場所が2つ以上あるかで判断できる。ルーターにはLANケーブルを用いて接続するブロードバンドルーターと無線で接続する無線LANルーターが存在する。無線LANルーターには有線LANでの接続ができるポートがついており有線でも無線でもインターネットに接続する事ができる。ここで例を見てみよう 無線LANの接続例

この例はモデムにルーターの機能がついていなかったため無線LANルーターを用いて接続した場合である。この例の場合モデムとルーター間のLANケーブルはルーター購入時付属されているものであるためLANケーブルは別途購入していない。有線LANでも接続できるためデスクトップパソコンの方は有線で繋いでいる。ちなみに最大接続台数は有線では4つ位で(大体4つくらいのポートがついたものが市販されている事が多い)、無線だと少なくとも10台は接続できる。よって一般的な家庭では十分だといえる。

無線LAN規格について

無線LANの規格にはIEEE802.11a,IEEE802.11b,IEEE802.11g,IEEE802.11nというものがあります。11aは伝送距離は短いが高速(54MB/ps)で電子レンジなどの電波の影響を受けにくい、11bは少し遅いが(11MB/ps)よく普及している、11gは高速(54MB/ps)で障害物に強く動画もさくさく見る事ができ普及率も非常に高い、11nは値段が高いが超高速で次世代規格といえ、ハイビジョン動画を無線で飛ばして見るといった事ができる。大抵の無線LANルーターは普及率の高いIEEE802.11gに対応しているため特に何を購入しても困るという事はない、よくわからない人はさらっと飛ばしてもらって結構だ。むしろ電波がどれくらい飛ぶのかとかいった事を調べて無線LANルーターは選んだ方が良いだろう。

無線LAN子機って?

無線LAN子機とは無線LANを受信するためのもので、無線受信機がパソコンに内蔵されていない場合は購入する必要がある。無線受信機はノートパソコンであると内蔵されている場合が多いがデスクトップでは内蔵されている場合は少ない。事前に無線LANが使えるのか調べておこう。なお無線LAN子機は無線LANルーターとセットで購入できる場合も多いのでお得なセットで購入しても良い。当然2台以上のパソコンを無線LANで接続するときには子機を買い足す必要がある。また子機はUSBに繋いで使う場合が多い。

プリンタを複数パソコンで共有する

一家に複数台のパソコンは一般化してきたが複数台のプリンタというのはあまり考えられない話である。 さて、プリンタ一台を複数台のパソコンで共有するにはどうすれば良いのであろうか?最もオーソドックスな手法としてはプリントサーバーを設置する事が挙げられる、プリンタとプリントサーバーを接続してそこから無線LANでデータをやり取りするというのが一般家庭で最も考えられるプリンタの共有方法である。有線のプリントサーバーも存在するがごちゃごちゃするのであまりお勧めはできない。概略図は下のようになる。無線の場合は当然パソコンも無線LANに対応している必要があるので対応していなければ無線LAN子機を買い足そう。 プリントサーバーの設置例

トップページヘ行きパソコン購入の推薦を受ける