ネットブックの選び方

ネットブックとは?

動画編集やいくつもアプリケーションを立ち上げて作業するといった重い作業はせずに気軽にインターネットやメールを楽しみたいというような人を対象としているパソコンである。名前の由来はよくわからないがインターネット専用のノートブックと言う事でネットブックと呼ばれるようになったのではないかと思う。このためyoutubeやニコニコ動画などインターネット動画の視聴には差支えがないが3Dゲームやハイビジョン動画の再生はかなり難しい。パワーポイント、ワード、エクセルといったオフィス類はサクサクと動く。すなわち基本的な用途がインターネットとメールと文書の編集の人にとって都合がいいものと言える。また2台目のパソコンとしてもお勧めできる。旅行中にちょっとインターネットを調べたり、ビジネスユーズにも活躍できる。

縦解像度768以上がお勧め

ネットブックを購入して最も後悔する部分が多いと思われるのがこの解像度である。解像度とは画面の大きさではなく、どれだけ画面を細かく表示できるかの基準であり、同じ大きさの画面でも解像度が高いと文字やアイコンサイズは小さくなるものの広い領域が表示する事が出来る。
ネットブックで特に問題となるのが縦解像度である。解像度が1024*600というものが多いが、横解像度は1024で大抵の場合十分なのだが、600しか縦解像度がないのではWebサイトを閲覧する時に一覧性が極端に低くなり頻繁にスクロールをしなければならず非常に不快である。よって縦の解像度が768以上のものを購入する事をお勧めする。

電池の駆動時間を考えろ

これも重要な要素、もともと持ち歩いて用いるのが主流であるのに電池のもちが悪いのは論外である。よって用途にもよるが、バッテリーが少なくとも7〜8時間程度は持続するものをお勧めする。(バッテリー駆動時間が低いものもあるが大体大容量バッテリーを追加で注文できる所が多いのでそれを注文すれば良いと思う)因みに8時間持つと書いてある電池のもちは大体その2割減の6時間強程度である。2時間半などと書かれているものは実際に使ってみると1時間しか持たないという事もある。持ち歩く可能性があるのならばくれぐれも電池のもちが悪いものはやめておこう。

重さはどれくらいが良い?

1.5kgを超えるあたりから持ち運びがしんどくなるという管理人の体感、また1kgを切るとほんとに軽く感じる。持ち運ぶのならばあまり重いものは避けよう。とはいえ以前は2kg程度のノートパソコンを持ち運ぶというのが主流であったりしたのでそれに比べればかなり良い時代になったと言える。

SSDかハードディスクか?

ネットブックにはハードディスクの代わりとなるSSDを搭載したものが多い。動画や音楽を多く持ち運ぶのならばハードディスクの方が良いかもしれないが、ほとんど持ち運ばないのであればSSDの容量で足りないということは無いだろう。また持ち運ぶ場合であってもSSDの中で容量が大きいものを選べば大抵は大丈夫である。SSDは容量の割りに値段が高いが故障が少なく、静かで、起動が早く、更に電池の駆動時間も上がりメリットが多い。用途と相談して決めよう。

やっぱり処理速度とかも重要な人は?

やや重くて構わないのならば12.1型の通常のノートパソコンがお勧め。ネットブックより高速でアプリケーションがサクサク起動できるし、ハイビジョンの動画も閲覧でき、CDドライブも搭載されているので快適である。メーカーとしてはデルマウスコンピュータードスパラあたりが安くてスペックが高いためお勧めである。高くて構わないならばモバイルノートの最高峰とも言えるパナソニックのLet's Noteがお勧めである。

ネットブックを扱うメーカーへのリンク

参考までに以下にリストを載せておく。
デル
NEC Direct
富士通
VAIOラインアップ
東芝ダイレクトPC
HP
Let's Note

トップページヘ行きパソコン購入の推薦を受ける