メモリの選び方

メモリとは?

パソコンの頭脳がCPUなら、メモリは作業机に当たるものである、机が小さければ同時に広げられる書類の量が少なくなるし、広ければたくさんの書類を同時に広げて作業ができる。すなわちメモリ容量が大きければ複数のアプリケーションを同時に開いていてもあまり動作が遅くならないという利点がある。例えばインターネットでたくさんのページを開いていると次第に動作が鈍くなった事はないだろうか?この原因はメモリ不足の可能性が高い。メモリが足りなくなるとハードディスクをメモリの一部分として使うため動作が遅くなってしまうのである。しかもハードディスクへのアクセスが多くなる事によりハードディスクの寿命が縮む原因にもなるのでメモリは十分に確保しておいた方が良い。あなたのパソコンが今どれくらいのメモリを使っているのか確認したければCtrlとShiftとEscapeキーを同時押しするなどしてタスクマネージャーを開いてみよう。次にパフォーマンスの所に行けば現在のCPU使用率とメモリ使用量が確認できる。ここでメモリ使用量が物理メモリの合計を超えているようであると仮想記憶を使っている、すなわち足りないメモリ分をハードディスクで補っている状態であまり芳しくないといえる。迷わず増設してやろう。

基本的にデフォルトのままで

一昔前であるならばメモリ不足に悩まされる事が多々あった。昔はメモリの値段が高く、メーカー側も動作が遅いのが承知だが費用を抑えるために仕方なくメモリを削減していたのかもしれない。ところが最近では殆どが4GB以上のメモリを積んでいる場合が多くメモリ容量が足りなくなるということはあまりなくなった。例えば現在管理人のパソコンのメモリは4GBであり、iTuneで音楽を再生し、ニコニコ動画で動画を見ながらExcelとホームページ編集ソフトを開き編集し、他のサイトを見るために他のブラウザのタブも3つ程開いているという状況であるが、それでもメモリの使用量は2.5GB程度であり、余裕がある。8GB、16GBにしたらそれはそれでアクセスが速くなるかとは思うがそれほどの恩恵は受けられないと言える。まあ普通にパソコンを使う限り、カスタマイズではデフォルトのままで良く、特にメモリを増設する必要はないと個人的には思う。増設キャンペーンを行なっていたらラッキーと思ってメモリの増設をするぐらいで良い。メーカ-の初期ソフトによってはメモリを多く使用するソフトが入っているかもしれないので、初期メモリが大きすぎてこんなに必要ないと思う事も特にないと思う。メーカー推奨に従おう。

64ビット版Windowsならば4GBは必要

パソコンには現在32ビット版、64ビット版という2つがある。簡単に説明すると32ビット版は使えるメモリが少なく3GB程度までしか有効に使えない、ところが64ビット版だと4GB以上のメモリを使いこなすことができ、動作が平均すると10〜20%程度速くなる。よって64ビット版Windowsならば4GB以上必要、ともあれ最近4GB以下のパソコンをほとんど見ないが。


メモリが足りないと感じたら増設しろ!

メモリの増設は単にマザーボードの該当箇所にメモリを差し込むだけであるので簡単である。買ったパソコンでメモリが足りないようであればすぐさま増設すべきである。メモリの増設方法については購入したパソコンの説明書に、対応するメモリと増設方法が書いてあるので調べてみるか、検索してみるとすぐにわかるはずである。基本的にはメモリをある場所に差し込むだけで勝手にパソコンが認識してくれるので難しい作業ではない。足りないと感じた時はチャレンジしてみよう。

トップページヘ行きパソコン購入の推薦を受ける