CPU(プロセッサー)の選び方

CPUとは?

CPUとは人間で言う頭脳に当たる部分であり、パソコンの演算処理を主に担当する。この性能が良いかどうかで処理速度にかなりの差が出て、性能が悪いとアプリケーションの動作が遅くてイライラの原因となる。また動画を視聴する際にもカクカクと動作する。CPUの能力を多く使う画像や動画編集・3Dゲーム等を行う場合はCPUのパワーは必須と言え、出来る限り良いCPUを選んだほうが良い。例えば動画編集で、最後の仕上げとして動画サイトにUploadするために必要な形式に変換するという作業が発生する事があるが、この処理時間が性能の良いものでは2分程度掛かるものが、悪いものだと5分程度掛かってしまう。少し動画を編集する度に最終的な出来栄えを確認するために動画形式を変換していると何度も繰り返し同じ作業が発生することになり、効率の差に影響してきてしまう。

CPUの性能の違い

パソコンのCPUを販売する会社はインテルとAMDの2社しかない。そして大半がインテル製のものである。しかしCPUの種類は多く、毎年新製品が発表されるためその名前をいちいち覚えていてはきりない。知っているプロセッサーを性能が高い順に挙げていくと大体
Core i7> Core i5 = AMD 4コアCPU > Core i3 > Core 2 Duo > Athlon X2 > PentiumD > Pentium4 = Athlon > sempron >celeron > Atom
のようになる。最近では廉価版PC意外ではCore iシリーズのプロセッサ(CPU)が多く、パソコンが快適に動作するようになった。ただHDの映像や高画質な画像を編集するなど要求されるスペックも高くなってきている、即ちCPUの進化とともにそれに応じたハイスペックを要求するアプリケーションが登場するため、やはりこのような作業を頻繁に行う人であるならばその時代ごとに良いCPUを用いるのが得策である。

CPUの選び方の基準

パソコンの使用目的によって決めるのが良い。
1.動画や画像の編集作業やパソコンの3Dゲームはあまりやらないが日常的によくパソコンを使う人ならばCore iシリーズのプロセッサーが良い。その中でどのCPUを選ぶかは値段と相談しよう。
2.インターネットやメールでたまに使用する程度であるならばceleronやAtomでも充分である。ただceleronのPCで動画を見るとやはりカクカクして滑らかではなかったのでYoutubeを閲覧する人はそれ以上のCPUが良い。Core iの一番下のランクで十分過ぎるパフォーマンスを発揮する。
3.映像の編集作業を日常的にやっている、あるいは3Dゲームを限りなく最適な環境でやりたいと思っている人は高ければ高いCPUほど期待にこたえてくれるはずである。予算に余裕があればとことん性能を追求してみるのもおもしろいと思う。

トップページヘ行きパソコン購入の推薦を受ける