パソコン選び方・購入ガイドへようこそ!

パソコンを購入するためには最低限の知識を持っておくことが必要である。知らないが故に、自分がやりたかった事に対して十分なパフォーマンスを発揮してくれない、あるいは不必要なソフトに無駄に コストを掛けてしまうといった事が発生する。近年値段が下がってきているとはいえまだまだ高価な代物なのでしっかり吟味したいところである。本サイトでは簡単な質問 に答えてもらう事で、どんなパソコンが自分に適しているかを大まかに把握でき、また左側のトピックを参照することでより深い知識を得ることができる。このサイトを見れば よりお得に、かつ自分にあったパソコンを購入する方法がわかるはずである。気になるところから読んでいこう。

パソコン推薦システム

このアンケートに答えてみよう!結果でおすすめのメーカーやパソコンを購入するときの指針を教えてくれます。初心者でもこの結果に従ってパソコンを購入すれば後に損をしたと感じる事は無いはず!早速はじめてみよう。

  • 重視しない<=
  • =>重視する
種類
Spec(性能):処理速度を重視するか
Price(価格):コストパフォーマンスを重視するか
Design(デザイン):パソコン本体のデザインを重視するか
Support(サポート):操作ガイド、コールの受付など
初期ソフトの充実:
Game(ゲーム):PCゲームを快適に行いたいか
Battery(ノートPCの電池の持ち時間):
Portability(携帯性):持ち運んで用いたいか
Space(スペース):省スペースに拘るか
ビデオ/動画編集:
映画の鑑賞:
PCでのテレビ視聴
PCの起動時間:
拡張性:メモリ、ハードディスクの増設等
ビジネス、学校で必要か?:


パソコンの選び方 一言アドバイス

いろいろなページを見ることがめんどくさいという人のためにパソコン購入時の要点を端的にまとめてみる。一般的な指標として参考にして下さい。意味が良く分からない。もっと詳しく知りたいという人はトピックを参考にして下さい。

ノートPCかデスクトップPCか?

デスクトップの利点は、1点目はコストの割に性能が良いこと、筺体が大きく、冷却性能にも優れているため同じCPUパワーであってもサクサク動く。2点目は周辺機器、拡張の自由度が高いこと、端子の数も多いためスピーカーやプリンタ、USBの外付けハードディスク等様々なものを取り付けられる。3点目はディスプレイやキーボードが分離していること。ノートPCに比べて打ちやすく疲れにくい、またディスプレイを2台PCにつなげてながら作業も余裕である、さらに壊れた時でもモニタは使いまわす事ができ経済的である。まとめると経済的かつ作業効率が良い。逆にノートPCの利点は当然であるが持ち運べる事、また省スペースのため場所を取らず使わない時の収納にも優れている。以上のメリットデメリットがあるため良く使う人はデスクトップ1台、ノート1台を持っている人も多い。

ノートPCはどう選ぶ?

画面のサイズに作業効率は依存してくるところがあるため、作業効率を求めるならば15.4インチ程度のものを買えば良い、値段もこの大きさが安い。ただし持ち運ぶのであれば12.1,13.3インチ程度のものが手軽で良い。また持ち運ぶ場合は電池寿命に注意しよう、大体5時間持つと公称されて入ればその8割の4時間程度持つと考えよう。また起動をできるだけ速く したい場合はハードディスクではなくSSDを選ぼう。

デスクトップPCはどう選ぶ?

モニタと筺体が一体となったパソコンは配線がすっきりしてデザイン的にも優れているが、修理費、拡張性に難がある事を念頭に入れよう。ディスプレイのサイズは作業効率や動画を快適に視聴することを求める場合は大きくて良い。

OS

アプリを動かすために入っている基本ソフトのこと。WindowsにはProfessionalとHomeの大きく2つのEditionがあるが、ProfessionalはHomeと比べてセキュリティ機能が充実している他、XPなどの古いOSの起動をサポートする機能がついており過去のソフトが動作しやすいという利点があるものの、大抵のソフトはHomeでも問題ないかつセキュリティ機能については個人が扱う上で範疇を超えているので基本的にはHomeで良いと思われる。

CPU

パソコンの速さを決める計算部分をつかさどる部品。動画編集、ゲームをするならそこそこハイスペックが必要(Corei5以上)、メールとネットの閲覧程度ならばCeleron,Pentiumといった低いCPUでも構わない。

メモリ

メモリが足りなくて困るという事は最近無くなってきたと感じる。実際の使用で16GBもメモリを使うケースはまずないので多くても8GB。4GBでも余裕である。

Officeソフト

人にもよるが基本的にWord,Excel等は学生、社会人でひとつも持っていなければ付ける。PowerPointもついていればベスト。学生ならばアカデミック版を購入するとお得。またDSP販売という抱き合わせで安く買う手法もある。詳しくはトピックを参照してほしい。

モニタ

デスクトップの場合24インチ程度までなら大きいほど作業効率が上がる。動画の閲覧にも良い。ノートの場合は持ち運び安さで大きさを決めるべし。

HDD/SSD

HDD:テレビ録画、自分で取った動画を撮りためる人は1T-4Tぐらいあっても良い。写真を保存する程度という人は殆ど必要ない。100GBでも良い。また読み込み速度を速めたい ならばSSDを搭載したパソコンを購入しよう。SSDは割高ではあるが起動が半分程度の時間になり、またHDDと比べて寿命が長いので壊れやすいノートPCには特に積んでおいて も損はしない。

ウイルスバスター

Avast等フリーのウイルスソフトを入れておけば事足りる。また最初の3カ月程度は有料のウイルスバスターが無料で使える事が多いのでしばらくはそれを使いその間に研究しておいても 遅くはない。

ワイヤレスマウス、キーボード

配線が綺麗になりスッキリするのでデスクトップPCなら是非欲しいところ。最近のものは電池が1年は持つのでそれほど電池切れが気にならない。

グラフィックボード

3Dを綺麗に描くことができる。ゲームをする人は必須、動画を高画質で見たい人は付いていても良いが特になくても問題ない。

液晶モニタ

作業に適したノングレアか動画視聴に適したグレアが付属するかは気にして置いた方が良い。グレアモニタで作業をすると目に負担がかかってしまう。

DVD,BDドライブ

最近USBやインターネット上にデータを保存しておくことが多くなり、DVDを使う機会が減ったため、薄型ノートPCにはついていない場合も多い。ただし無いと不便な 事もあるので一つも無い場合は付けておく、あるいは外付けのDVD,BDドライブを買っておこう。BDはデータ保存目的よりも動画視聴目的が多いので、テレビで見る 場合は不要

パーティション

ハードディスクを内部的に2つに分割してリスク分散させる事。使いこなしている人をあまり見たことが無い、かつデータのバックアップは外付けのハードディスクで行った 方がより手軽で安全なため一般的なユーザは無い方が良い

このサイトの目的

パソコンを購入する最良な方法はインターネットのメーカーの直販店でパソコンを購入することだと思われる。なぜなら保証をしっかりしてくれるし、店舗に出向いて買うよりも値段が安い、更には自分に不必要な機能を省いて注文できる。しかしいざメーカー直販店で買おうとなるとなかなか勇気がいるものである。どのメーカーが自分に合っているか?自分に必要な機能は一体何なのか?メモリやハードディスクは一体どのくらい必要なのか?CPUで○○搭載だから速いと宣伝されているが一体それはどれほどのものなのか?といろいろ疑問が沸いてしまい結局注文できないケースが多いのである。このサイトの目的はメーカー直販店で自分向けのパソコンを購入する助けをすることである。このサイトを見ればおそらく初心者であってもパソコン購入時の大半の疑問点は解消されるはずである。選び方についてかなり詳しく書いてあるので気になる点をどんどん調べていこう。

管理人紹介

Yamanaka:元家電販売員のエンジニア
東京都品川区在住。最近はシリコンバレーとの往復を繰り返す。開発の片手間にちまちまと更新しています。