パソコンの選び方・購入ガイドへようこそ!

パソコンを購入するためには最低限の知識を持っておくことが必要である。知らないが故に、自分がやりたかった事に対して十分なパフォーマンスを発揮してくれない、あるいは不必要なソフトに無駄に コストを掛けてしまうといった事が発生する。近年値段が下がってきているとはいえまだまだ高価な代物なのでしっかり吟味したいところである。本サイトでは簡単な質問 に答えてもらう事で、どんなパソコンが自分に適しているかを大まかに把握でき、またトピックを参照することでより深い知識を得ることができる。このサイトを見れば よりお得に、かつ自分にあったパソコンを購入する方法がわかるはずである。気になるところから読んでいこう。

パソコン推薦システム

このアンケートに答えてみよう!結果でおすすめのメーカーやパソコンを購入するときの指針を教えてくれます。初心者でもこの結果に従ってパソコンを購入すれば後に損をしたと感じる事は無いはず!早速はじめてみよう。

  • 重視しない<=
  • =>重視する
種類
Spec(性能):処理速度を重視するか
Price(価格):コストパフォーマンスを重視するか
Design(デザイン):パソコン本体のデザインを重視するか
Support(サポート):操作ガイド、コールの受付など
初期ソフトの充実:
Game(ゲーム):PCゲームを快適に行いたいか
Battery(ノートPCの電池の持ち時間):
Portability(携帯性):持ち運んで用いたいか
Space(スペース):省スペースに拘るか
ビデオ/動画編集:
映画の鑑賞:
PCでのテレビ視聴
PCの起動時間:
拡張性:メモリ、ハードディスクの増設等
ビジネス、学校で必要か?:


パソコンの選び方 一言アドバイス

いろいろなページを見ることがめんどくさいという人のためにパソコン購入時の要点を端的にまとめてみる。一般的な指標として参考にして下さい。意味が良く分からない。もっと詳しく知りたいという人はトピックを参考にして下さい。

ノートPCかデスクトップPCか?

デスクトップの利点は、1点目はコストの割に性能が良いこと、筺体が大きく、冷却性能にも優れているため同じCPUパワーであってもサクサク動く。2点目は周辺機器、拡張の自由度が高いこと、端子の数も多いためスピーカーやプリンタ、USBの外付けハードディスク等様々なものを取り付けられる。3点目はディスプレイやキーボードが分離していること。ノートPCに比べて打ちやすく疲れにくい、またディスプレイを2台PCにつなげてながら作業も余裕である、さらに壊れた時でもモニタは使いまわす事ができ経済的である。まとめると経済的かつ作業効率が良い。逆にノートPCの利点は当然であるが持ち運べる事、また省スペースのため場所を取らず使わない時の収納にも優れている。以上のメリットデメリットがあるため良く使う人はデスクトップ1台、ノート1台を持っている人も多い。

ノートPCはどう選ぶ?

画面のサイズに作業効率は依存してくるところがあるため、作業効率を求めるならば15.4インチ程度のものを買えば良い、値段もこの大きさが安い。ただし持ち運ぶのであれば12.1,13.3インチ程度のものが手軽で良い。また持ち運ぶ場合は電池寿命に注意しよう、大体5時間持つと公称されて入ればその8割の4時間程度持つと考えよう。また起動をできるだけ速く したい場合はハードディスクではなくSSDを選ぼう。

デスクトップPCはどう選ぶ?

モニタと筺体が一体となったパソコンは配線がすっきりしてデザイン的にも優れているが、修理費、拡張性に難がある事を念頭に入れよう。ディスプレイのサイズは作業効率や動画を快適に視聴することを求める場合は大きくて良い。

OS

アプリを動かすために入っている基本ソフトのこと。WindowsにはProfessionalとHomeの大きく2つのEditionがあるが、ProfessionalはHomeと比べてセキュリティ機能が充実している他、XPなどの古いOSの起動をサポートする機能がついており過去のソフトが動作しやすいという利点があるものの、大抵のソフトはHomeでも問題ないかつセキュリティ機能については個人が扱う上で範疇を超えているので基本的にはHomeで良いと思われる。

CPU

パソコンの速さを決める計算部分をつかさどる部品。動画編集、ゲームをするならそこそこハイスペックが必要(Corei5以上)、メールとネットの閲覧程度ならばCeleron,Pentiumといった低いCPUでも構わない。

メモリ

メモリが足りなくて困るという事は最近無くなってきたと感じる。実際の使用で16GBもメモリを使うケースはまずないので8GB程度がおすすめ。インターネットでのネットサーフィンや動画視聴を中心にしたい場合は4GBでも余裕である。また4GBが2枚と8GBが1枚のオプションで迷った場合はデュアルチャネルという技術で高速な4GBで2枚を選ぶのがお勧め。DDR4-2400、PC4-19200など馴染みのない規格が表記されている事があるが、2400、19200の部分が実際のメモリー速度を表す。高いほど高速。DDR3、DDR4と番号が異なると同じパソコンで同時には使えないため、パソコン買い替え時にメモリを引き抜いて使いまわそうと考えているような場合はこ今後の主流となる新しい方にするべきである。

Officeソフト

人にもよるが基本的にWord,Excel等は学生、社会人でひとつも持っていなければ付ける。PowerPointもついていればベスト。学生ならばアカデミック版を購入するという手もある。またOffice365という月額・年額課金制のプランもある。最初にパソコンを購入する場合にはあまりお勧めはしないが、必要な時だけ使いたい場合はパソコン購入時にはOfficeは選ばずにこのプランを選択しても良い。

モニタ

デスクトップの場合24インチ程度までなら大きいほど作業効率が上がる。動画の閲覧にも良い。ノートの場合は持ち運び安さで大きさを決めるべし。動画の閲覧より作業を中心に行う場合は目の負担を考えて光沢のあるグレアではなく、光沢のないノングレアのモニタを選択すると良い。

HDD/SSD

HDD:テレビ録画、自分で取った動画を撮りためる人は1T-4Tぐらいあっても良い。写真を保存する程度という人は殆ど必要ない。100GBでも良い。また読み込み速度を速めたい ならばSSDを搭載したパソコンを購入しよう。SSDは割高ではあるが起動が半分程度の時間になり、またHDDと比べて寿命が長いので壊れやすいノートPCには特に積んでおいて も損はしない。

ウイルス対策ソフト(ウイルスバスター)

最初の3カ月程度は有料のウイルス対策ソフトが無料で使える事が多いのでしばらくはそれを使いその間に研究しておいても遅くはない。IDとパスワードを盗まれるとお金を失う可能性があるなど被害が大きいと感じる場合は入っておいた方が安心である。

ワイヤレスマウス、キーボード

配線が綺麗になりスッキリするのでデスクトップPCなら是非欲しいところ。最近のものは電池が1年は持つのでそれほど電池切れが気にならない。

グラフィックボード

3Dを綺麗に描くことができる。ゲームをする人は必須、動画を高画質で見たい人は付いていても良いが特になくても問題ない。

液晶モニタ

作業に適したノングレアか動画視聴に適したグレアが付属するかは気にして置いた方が良い。グレアモニタで作業をすると目に負担がかかってしまう。

DVD,BDドライブ

最近USBやインターネット上にデータを保存しておくことが多くなり、DVDを使う機会が減ったため、薄型ノートPCにはついていない場合も多い。ただし無いと不便な 事もあるので一つも無い場合は付けておく、あるいは外付けのDVD,BDドライブを買っておこう。BDはデータ保存目的よりも動画視聴目的が多いので、テレビで見る 場合は不要

無線LAN

無線はケーブルを繋ぐ有線接続と比べて遅いと感じる事が多い。IEEE802.11acに対応しているものはWifiルーターのポイントから離れていても高速でインターネット接続をすることができ、ハイビジョンの映像も楽々視聴ができる。この規格に対応しているかをチェックしよう。少なくともIEEE802.11nに対応している事は快適に通信を行うために必要である。

USBポート

USBメモリーやUSB接続の外付けハードディスクにファイルをコピーした事がある人の中にはコピーする速度が遅いと感じる人も多いだろう。USB3.0に対応している場合はUSB2.0よりも2倍以上高速にファイルをコピーする事ができる。例えば1GBのファイルをコピーする時USB2.0だと1分近く掛かるのが、USB3.0だと20秒程度には短縮する事ができる。場合によっては5倍程度高速になる場合もある。パソコンの選び方の基準としても良いだろう。

パーティション

ハードディスクを内部的に2つに分割してリスク分散させる事。使いこなしている人をあまり見たことが無い、かつデータのバックアップは外付けのハードディスクで行った 方がより手軽で安全なため一般的なユーザは無い方が良い

保証は必要か?

パソコン以外にも言える事だが電化製品には1年のメーカー保証を基本として、3年、5年保証を有料で選べることが多いが1年保証以外は基本的に不要である。バスタブカーブという言葉を知っているだろうか?故障率は最初の1年間は高いが、その後2~5年後は低くなり、更に期間が経つとまた高くなる。故障率が時間とともに高い、低い、高いでバスタブのようになることからこのように呼ばれている。という事で2~5年目は故障率が統計的に高くないため有料で保証に入ってもそれほどメリットはないという事である。実際ヨドバシカメラで働いていた時は5年保証は利益率が高いため頑張って加入させるようにと言われていた。しかし万が一という事もあるのでここは個人の判断にお任せしたいと思う。

パソコンメーカーの選び方

本アンケートでもおすすめのPCを推薦しているが、ここでそれぞれのパソコンメーカーには大きくどのような特徴があるのかを説明していく。

安心と信頼、ソフト充実の大手電機メーカー(富士通・NEC・東芝)

パソコンを取りあえず買ったは良いものの、初心者の場合には何ができるのかについてはいまいち良く分からない場合が多い。こんな場合は大手電機メーカーのパソコンを購入すると良い。大手電機メーカーのパソコンは使い方ガイドのようなソフトが予めインストールされており、パソコンを最初に開くと初期設定を含め、どんな事ができるのかを詳しく教えてくれるようになっている。また初期ソフトが充実しているため、やりたい事を実現するためのソフトも一通り揃っている。ガイドが充実していないと、何ができるのかが分からずに折角のパソコンを眠らせてしまう事にもなりかねない。パソコンでできる事をあれこれ調べなくともガイドに沿って教わっていけば自然に使いこなす事ができるように導線が引かれているのが大手電機メーカーのパソコンの特徴である。なおパナソニックとVAIOに関しては主にビジネス目的での使用を前提として作られいる。
また、安心面においても充実している。データのバックアップガイドは充実しているし、万が一困った時にはすぐに電話で使い方、技術相談、修理相談等を大抵の場合は無料で行う事ができる。電話相談で難しければインターネットを介してリモートでパソコン画面を共有して操作を指南するなど、より高度なサービスを行っているメーカーもある。パソコンの廃棄においても買い替え時でなくとも無料で回収してくれるなど、利用中、買い替え時問わず迷うことなく自分が行いたい作業に集中する事ができる。富士通ならばウイルスバスターのマカフィーが最初からインストールされており3年間使用できるなどメーカーによって多少の違いがある。パソコンの性能だけ見ると価格と見合わない事が多いものの、充実したサポートにより快適なパソコン生活を送れるようになるのが大手電機メーカー製パソコンの重要なポイントである。

コストパフォーマンスが高い世界企業(Dell/Lenovo/HP)

ある程度パソコンの使い方には慣れてくると自分で好きなソフトウェアを選択し、インストールして使う事が一般的になってくるかもしれない。また一通りWindowsの使い方に習熟してくるとと、別段サポートに頼らなくても検索により自力で調べるなどしてトラブルを解決できるようになってくる。そこでおすすめできる会社がこれらの世界企業が販売しているPCである。これらのPCはコストパフォーマンスが非常に高く、日系メーカーのPCと比べると3割程度は安い印象がある。自分にあったパソコンがうまく見つかった場合には最安の選択肢となる事が多い。サポートに掛けるコストが削減されている事と、世界で大量生産を行っている事によりパソコン一台当たりのコストを下げている事が安さの要因である。また手取足取りという訳ではないが最低限のサポートは受ける事ができる。

自分好みのパソコンを選んで購入できるBTOメーカー(マウスコンピューター、ドスパラ、パソコン工房等)

BTOメーカーとは何か?聞きなれない言葉であるが、Build To Orderの略で日本語に直すと受注生産、即ちこんなパソコンを作って欲しいという依頼を購入者から受け、そこからパソコンを組み立てて出荷するという事である。BTOパソコンメーカーとして名高いこれら各社は、パソコンの注文時に細かい発注が可能で、より自分の使用目的にあったパソコンを選択する事ができる。もちろん他のメーカーでもある程度は可能であるが、BTOメーカーはより細かくパーツの指定が可能である。CPUだと細かいバージョンの違いを選択できるほかCPUの冷却のためのCPUファンまで選択できたりする。またストレージに関してもSSDとハードディスクの選択から、それぞれの容量まで非常に細かく指定ができる。大抵のメーカーは500GB,1TBの2択程度であるがBTOメーカーの場合はSSDの120GB,240GB,256GB,480GB,512GB,960GB,1TB、ハードディスクの場合は500GB,1TB,2TB,3TB,4TB,8TBのように指定する事ができ、選択肢の幅が大きい。パソコンに詳しい事が前提であるためサポートに関してはあまり期待が持てないが、その分コストパフォーマンスも高く、必要な部品を必要な分だけ装着できるために自分好みのパソコンに仕上げる事ができる。このサイトをしっかりと読む事により、どのようなスペックが自分に適しているかという事が次第にわかってくるはずである。

独自路線のMicrosoft

マイクロソフトの独自パソコンSurfaceはOSの開発会社だけに非常にユニークである。Windowsを最大限に活用できるような製品仕様となっており、タブレットとしてもノートパソコンとしても使える2in1ノートパソコンが基本のラインナップとなっている。タッチパネル、ペンでの操作にも対応しており多様な使い方ができデザインも洗練されていて持ち運びやすい。価格面でのパフォーマンスは悪いが感性に訴え、新しい使い方を定義するパソコンとして楽しいものとなっている。

このサイトの目的

パソコンを購入する最良な方法はインターネットのメーカーの直販店でパソコンを購入することだと思われる。なぜなら保証をしっかりしてくれるし、店舗に出向いて買うよりも値段が安い、更には自分に不必要な機能を省いて注文できる。しかしいざメーカー直販店で買おうとなるとなかなか勇気がいるものである。どのメーカーが自分に合っているか?自分に必要な機能は一体何なのか?メモリやハードディスクは一体どのくらい必要なのか?CPUで○○搭載だから速いと宣伝されているが一体それはどれほどのものなのか?といろいろ疑問が沸いてしまい結局注文できないケースが多いのである。このサイトの目的はメーカー直販店で自分向けのパソコンを購入する助けをすることである。このサイトを見ればおそらく初心者であってもパソコン購入時の大半の疑問点は解消されるはずである。選び方についてかなり詳しく書いてあるので気になる点をどんどん調べていこう。

管理人紹介

Yamanaka:元家電販売員のエンジニア
東京都品川区在住。最近はシリコンバレーとの往復を繰り返す。また株にはまる=>サラリーマンの株式投資入門。開発の片手間にちまちまと更新しています。